WHAT’S flora?

乳酸菌ラクトバチルスGG株の働きで(Lactobacillus rhamnosus GG)肌の潤いを保つ 乳酸菌ラクトバチルスGG株の働きで (Lactobacillus rhamnosus GG) 肌の潤いを保つ

<届出表示>
本品には乳酸菌ラクトバチルスGG株
Lactobacillus rhamnosus GG)
が含まれます。
乳酸菌ラクトバチルスGG株には、
肌の潤いを保ち、
肌の乾燥を緩和する機能があることが報告
されています。

●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

Lactobacillus rhamnosus GG株の摂取が肌の状態に及ぼす研究結果 Lactobacillus rhamnosus GG株の摂取が肌の状態に及ぼす研究結果

対象:肌の乾燥や肌荒れが気になる健常な25歳~59歳の成人96名
(男性22名、女性74名)
角層水分量の摂取前と摂取後のグラフ

出典:Miyazawa K et al. Int J Probiotics Prebiotics (2018)
※研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な1報を事例として表示しています。

肌の乾燥や肌荒れが気になる健常な成人を対象としました。
試験の参加者を、Lactobacillus rhamnosus GG群とプラセボ※1群の2群に分け、二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験※2を実施しました。
1日1回、乳酸菌を摂取する群は該当菌を140億個含む顆粒状の食品を、プラセボ群は乳酸菌を含まない顆粒状の食品をそれぞれ摂取しました。
試験前と試験4週後に肌(前腕部)の角層水分量を機器計測により測定しました。
試験4週後に本乳酸菌摂取により、前腕部の角層水分量がプラセボ群と比べて有意に高まりました。

※1 プラセボ:有効成分を含まない試験食品。
※2 二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験:Lactobacillus rhamnosus GG群とプラセボ群の2群に分け、試験者も試験参加者もどちらを摂取しているかわからないようにする試験方法。