修理工房・機材の紹介

当店修理工房の使用機材の紹介です。

banner
▲精度測定器
左)WATCH EXPERT IV (Witschi)
機械式ムーブメント精度測定機
右)NEW TECH HANDY II (Witschi)
クォーツ式ムーブメント精度測定機
banner
▲超音波洗浄機(VELVO-CLEAR)
分解した機械を超音波と専用の洗浄液で洗浄します。
banner
▲ポンス台・タガネ
左)明工舎/MKS
中)KENDRICK&DAVIS
右)BERGEON
​​​​​ カシメ作業、その他様々な加工に使用します。
banner
▲レーザー溶接機(COHERENT)
ステンレス素材のヒビやワレの修復、パーツ加工に使用します。
banner
▲精密時計旋盤(BOLEY FM)
巻真等の小さな精密部品製作に使用します。
banner
▲小型旋盤(TOYO)
重量物やサイズの大きい加工物を切削する際に使用します。
banner
▲サンドブラスト(SHOFU)
​​​​​​​ ケース、ブレスなどの錆取りや梨地仕上げ加工に使用します。
banner
▲集塵バフモーター(HARP)
時計ケース等を磨いて、傷や打痕を目立たなくすることができます。
※複数台で研磨剤を変えて使用します。
banner
▲実体顕微鏡(OLYMPUS)
キズミ(ルーペ)では見えない精密作業をする際に使用します。
banner
▲外装用超音波洗浄機(VELVO VS-340M)
水温、超音波周波数を調整して外装の汚れを落とします。
banner
▲フライス盤(SAKAI MM-250S3)
金属の平面加工をする時に使用します。
banner
▲精密旋盤(LEVIN)
時計旋盤で作る物より大きな物の精密加工に使用します。