日本一である桃の名産地『山梨県』

桃の生産量日本一の名産地である山梨県。山梨県では200年前から桃が栽培されており、良質で整った園地で育てられ、徹底された環境のなかで、大切に栽培されています。 良質な壌土と栽培に適した気候を活かし、育てられた桃は極上の逸品です。
物栽培にとって大切な『みずはけの良い肥沃な土壌』、太陽の恵をたくさん浴びて美味しくなる『日本トップクラスの日照時間』、甘さを凝縮させる『朝夕の寒暖差』。 このような恵まれた環境だからこそ質の良いジューシーで美味しい高品質な桃ができます。

生産量第2位を誇る桃の名産地『福島』

桃の生産量日本第2位の名産地である福島県。大きく、着色の良い桃を作るには花の摘蕾から実の摘果まで、その気候に合わせた栽培方法が必要となります。 生産者の長年受け継いだ栽培技術が高いからこそ、育てられた桃は極上の逸品です。
全国生産の20%を占めるほど桃の生産が盛んであり、『福島』を代表する果実が桃です。 多くの産地が福島県内の盆地に集中しており、夏場の暑さが桃の甘みを凝縮させることでジューシーで甘く、美味しい高品質な桃ができます。

純白の『白い肌』日本が誇る岡山の桃

全国的にも有名である岡山県の桃栽培ですが、その始まりは明治時代までさかのぼります。 中国本土より導入した二種の桃から、品種改良・開発が行われ、温暖で穏やかな瀬戸内の気候が桃作りに適していたこともあり、今では30種類以上の品種が誕生しています。
「白桃」や「清水白桃」を始めとした栽培の主流となっている品種の大半は岡山県がルーツとなっています。 他県の桃は袋がけをしない無袋栽培が多く、岡山県の桃は直射日光を当てない有袋栽培で、果皮が薄くて白い上品な雰囲気を醸し出しているのが特徴です。