長年人気を博しているぶどうの王様。

ぶどうの「王様」と称され、黒く大粒な果実に優れた食味をもち、1942年(昭和17年)に静岡県で誕生し、1955年(昭和30年)に商標登録され、品種名は「石原センテニアル」。

大粒な果肉は紫黒色で、適度な締まりがあり、甘味が強く、優しい酸味がバランスよく調和し、果汁も多くジューシーです。 新しい品種が次々と発表されますが「巨峰」は長年根強い人気があり、ギフトなどにも最適です。

大粒で優れた味わいをもつ、黒ぶどうの優等生

静岡県で巨峰(母)とカノンホール・マスカット(父)を交配し、育成し、昭和48年にピオーネ(イタリア語で開拓者という意味)と改名され、名称登録されました。

ピオーネは巨峰の血を受け継ぎ、色は濃い紫から紫黒色で、 粒が非常に大きく食べ応えがあるブドウです。 果粒は巨峰よりやや大きく甘くて香りがよく、適度な酸味で濃厚な味わいで優れた食味もった人気品種です。

ニューピオーネ

通常のピオーネとニューピオーネの違いは、種があるかないかです。 ピオーネは本来、種がある品種ですが、種無しの処理を施したものが「ニューピオーネ」として出荷されます。現在では主に岡山県で生産されています。

甘くて香りがよく、適度な酸味が絶妙で優れた食味はもちろんのこと、大きく食べ応えがあり、種が無いことで食べやすくなったため、加工品やスイーツへの利用もおすすめです。

長野誇る、皮ごと食べられる種無し黒ぶどう

ナガノパープルは平成2年に長野県須坂市において「巨峰」に「リザマート」を交配した長野県のオリジナル品種となる黒葡萄で、平成16年に品種登録された品種です。

果粒の大きさはやや小粒の巨峰くらいで、綺麗な球形なものが多いです。果皮の色は深い黒紫色で透明感はなく、皮の厚みは薄く皮ごと食べられるのが魅力です。

世界の葡萄の中でも最大級の粒

藤稔は神奈川県藤沢市で「井川682号」と「ピオーネ」のを交雑させ生まれた実から選抜育成された大粒の黒色ぶどうで、1985年に品種登録されています。

藤稔(ふじみのり)の最大の特徴は、葡萄の中でも最大級の大きさを誇り、大きいものだとピンポン玉ほどもあります。通常でも500円玉ほどの直径があるほどの大きな粒です。 少ない渋みで、柔らかい果肉からは甘くジューシーな果汁が豊富に含まれています。

ルビーのように美しい高級ぶどう

ルビーロマンは、赤くて大粒の葡萄が欲しい、という葡萄農家の願いを叶えるため、平成7年に「藤稔」から採取した種400粒を播き、その中から選抜された品質優良な高級ぶどうです。

赤い色も特徴ですが、目立つのは粒の大きさです。一粒の大きさは3cm以上で重さは20g以上と、巨峰の約2倍の大きさです。 石川県のオリジナル品種で、大きな粒は果汁が豊富で甘みがとても強い味わいで人気のある希少品種。

シャインマスカットを親に持つ夢のぶどう

葡萄の名産地、山梨県笛吹市の「志村葡萄研究所」にて「シャインマスカット」と「ウィンク」を掛け合わせ誕生した品種で、 まだ生産農家の少なく、流通量も限られている為「幻のぶどう」や「夢のぶどう」と呼ばれています。

親品種のシャインマスカットに比べて甘さは濃厚で、コクのある、蜂蜜のような味わいを感じられます。粒のサイズは大きくとても食べ応えのある希少品種です。

紅色・大粒・高糖度の赤いシャインマスカット

葡萄の名産地、山梨県笛吹市の「志村葡萄研究所」にて「シャインマスカット」と「ウィンク」を掛け合わせ誕生した品種であり、 りんごやサクランボのような爽やかで酸味が効いたマスカット香があります。強い甘みにほどよい酸味、そしてたっぷりの果汁が魅力のぶどうです。

肉質はシャインマスカットより柔らかく皮ごと食べられ、バイオレットキングの粒は大きいもので30gにも達します。

種無し小粒ぶどうの定番品種

小粒で種無しであることから種無しぶどうの定番として子供から高齢の方まで、幅広い層に親しまれている人気品種です。 アメリカのオハイオ州デウェア発祥であるためこの名が付けられました。日本には明治時代の1872年に入ってきたとされています。

小粒ですが、強い甘さと、十分な酸味をもち、ほのかな芳香がありバランスの取れた食味が魅力です。

キングデラ

大阪府で「レッド・パール」に「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を交配し生まれた実生を選抜・育成した品種で、1985年7月に品種登録されました。

果房はデラウェアに似ていますが、粒の大きさがデラウェアよりもひとまわり大きく、3〜4gほどあるのが特徴です。 味もデラウェアに似ていますが、粒が大きな分、その風味がより強く感じられ、甘味も強く食味に優れています。

糖度が25度に達するほどブドウの中でも特に甘い味わいの品種

「シャインマスカット」は、「安芸津21号」と「白南」の交配により誕生し、2006年(平成18年)に品種登録されたぶどうです。 果皮は緑黄色で、果粒の重さは10~15gくらい。糖度は18~20度ほどと高く、酸味は控えめです。しまりのある果肉は果汁が豊富で、マスカットの芳香を持ちます。

果皮が薄くてやわらかく、皮ごと食べられるのも特徴の1つ。パリッとした歯ごたえで、ジューシーで上品な甘みと高貴な香りが楽しめます。

クレオパトラも好んだ北アフリカ原産マスカット

北アフリカ原産とされ、紀元前からエジプトを中心に栽培されてきた非常に古い品種で、クレオパトラも好んだという逸話が残されています。
この名前の由来は、エジプトのアレキサンドリア港から世界へと輸出されていたことや、ジャコウ(MUSK)のような強く芳醇な香りがすることが由来ともいわれています。
1886年に岡山県に導入されたことがきっかけとなり、国内で栽培されるようになりました。