モデルとして、ママとして、女性として、さまざまな顔を持ち、輝き続けている辻元舞さん。この秋、オブレクトは辻元さんを招いて、コラボレーションアイテムを作りました。「コラボレーション自体初めて」という辻元さんが、愛をこめて作り上げたのは、デニム、バッグ、スウェット、ボアジャケットなど5型、全8アイテム。こちらのスペシャルコンテンツで2回にわたってすべてのアイテムをご紹介していきます。vol.1ではデニム、デニスカ、バッグをピックアップ。ONにもOFFにも使える優秀アイテムたちです。
辻元 舞

つじもと・まい/1987年生まれ、京都府出身。モデルとして、雑誌、CM、広告などで活躍。 プライベートでは男の子ふたりのママであり、VERYやmamagirlなどに出演、絶大な人気を 集める。今年の春には初のスタイルブック「Mai-Life!-ハッピーの秘訣は『頑張りすぎない』 こと!-」を発売。美のヒミツやライフスタイルも注目されている。

「自分が着やすい、単純にほしいと思うものを作りました」と話す、辻元さん。こちらのデニムは、スラックスのようなシルエットでとにかくキレイに履きこなせるのが特徴。腰まわりもコンパクトなつくりになっているので、トップスインですっきり見せて。ジャケットやパンプスなど、きちんと感の出るアイテムをプラスすれば、即座にONスタイルが完成します。
「腰まわりのつくりにこだわりました!ポケットまわりのステッチ使いのおかげで、気になる腰のハリも目立たなくなるような気がします。だからトップスインの着こなしも怖くない!」
「後ろ姿を美しく見せてくれるのも大きなポイントです。ポケット位置やステッチの入り方によるのだと思うのですが、お尻のラインをカバーしつつ、キレイな形に。自分の気になるパーツだったので、感動しました!」
辻元舞×oblekt®
オーガニックコットン
センタープレスデニム
¥14,000(税抜)
オフの日にぴったりなゆったりニットとデニムのスタイル。「普段からデニムはよくはくのですが、今回カジュアルになりすぎないデニムを作りたかったんです」と辻元さん。ニットに足元はスニーカーという カジュアル感の強いコーディネートですが、デニムにセンタープレスが入っていることで、 ほどよく大人っぽくキレイめに。大判マフラーを巻くことで視線が上がるので、 ミニーさんもスタイルアップします。
「センタープレスが入っているデニムというのがお気に入りですね。カジュアルさがおさえられるので、いろんなコーディネートができそう。美脚度も上がるのがうれしいポイント!」
「丈感は、くるぶしがちょうど見えるくらいのクロップト丈。これくらいの丈だとパンプスはもちろん、スニーカーでもバランスが取りやすくていいですね」。
辻元舞×oblekt®
オーガニックコットン
センタープレスデニム
¥14,000(税抜)
「私は身長がそこまで高くないので、バランスよく着られるようにスカートは特に着丈を重視しました」と語る辻元さん。こちらのデニムスカートは、ひざ下の絶妙な丈感なので、重たくなりすぎず適度な抜けのあるコーデが作れます。今年らしいレンガ色のブラウスはそでがボリューミーなので、スカートにINしてきりっと。足元は黒のショートブーツをあわせれば、ちょっぴりモードなONスタイルに。
「デニムと同じく、デニスカもウエストまわりのつくりに力を入れました!イメージとして はスーツのスカートのようなスマートな形。ウエストのあたりをきゅっと見えるようにコン パクトに仕上げているので、それが実現しました」。
「ひざ下のほどよい丈感も気に入っています。これくらいの丈なら、ショートブーツでもスニーカーでも合わせやすくてグッド。ショートブーツをはいても、足首がちらっと見えるくらいのほうが女性らしくていいと 思っています」。
辻元舞×oblekt®
オーガニックコットンバックプリーツデニムスカート
¥15,000(税抜)
デニムスカートの一番の特徴は、バックプリーツがついているところ。スカートの後ろにスリットを入れ、そこにプリーツをほどこしたことで、足さばきのいい仕上がりに。「ママ目線の話ですが、タイトスカートのほうがスタイル良く見えるのではきたいところなのですが、子どもと一緒だと動きやすさはマスト。そこでひらめいたのがバックプリーツです」。キャップ、パーカ、スニーカーを合わせた、スポーティな休日コーデ。アクティブに動けるデニスカならば、お子さんとの公園遊びも一層楽しめます。
「スリットが大きく開いていると動きやすいのですが、ママ的には後ろの見え方が気になっちゃう。そこでスリット部分にプリーツをつけてカバーしてみました。しかもこのプリーツ、取り外し可能なので洗濯もしやすい! どこまでもママにやさしいアイテムです(笑)」。
「走れる、しゃがめる、動けるタイトスカートです(笑)。ストレッチが適度にきいているのと、スリットのおかげでしゃがむ動作もラクラク。子どもと一緒に出かけるときは動きやすさはとっても重要なので、大切なポイントです」。
辻元舞×oblekt®
オーガニックコットンバックプリーツデニムスカート
¥15,000(税抜)
「機能的でおしゃれなママバッグを作りたかったんです!」と話す辻元さん。キャンバス地でユニセックスなデザインのトートバッグは、それこそON/OFF問わず使える優秀選手。ONの日は、やさしげカラーのニットとキレイ色パンツの、上品コーデと合わせて。OFFの日なら、カーキのフードつきワンピで作るちょっぴりアウトドアな着こなしにプラス。ミニバッグになるバッグインバッグもついているので、ママだけではなくいろんな方のお出かけシーンで活躍してくれます。
「大きなトートバッグだと、中身がぐちゃぐちゃになりがちだから、バッグインバッグが欲しかった! ONでもOFFでも、荷物を整頓しやすくなるはず」
「バッグインバッグはミニバッグだけでも使えるのが便利。公園やちょっとした買いものにはこちらを持っていくのもアリですね」。
「ユニセックスでおしゃれ感のあるママバッグが作りたかったんです。シンプルなキャンバストートなら、夫が持ってもきっと恥ずかしくない(笑)。バッグインバッグに子どもの着替えを入れたり、水筒ホルダーもついているので、飲み物もキレイにおさまります」。
「くたっとならずに自立するデザインも、要望のひとつでした。荷物の整理がしやすくていいですね。トートの開き口にマグネットもついているので、安心です」。
辻元舞×oblekt®
オーガニックコットンキャンバスバッグ
¥18,000(税抜)
Model_ Mai Tsujimoto / STARDUST PROMOTION Inc.
Photographer_ Martineye / minimal inc.
Hair & Make-up_ Yukako Morino / perle
Stylist_ Kaori Okano / TRON management
Editer & writer / Momoyo Yuge