いつ襲ってくるかわからない災害。
もしもの時に困ることが少ないよう、日頃からの備えをしておきましょう。
ストック品の賞味期限は常に確認し、ローリングストック(※)で運用していくことをおすすめします。

※食べ物や日用品を少し多めに買っておき、日常生活で消費した分を新しく買い足していくことで、常に一定量の備蓄をしておく方法


セット販売のご提案

何を買えば良いか分からない、1つずつ買うのが面倒。
そんな方のためにセット販売を開始しました!


水分補給

避難所では、トイレに行きたくないという理由で水分補給を控える方が多いです。きちんとこまめな水分補給を意識することが大切。
緊急時のために経口補水液を準備しておくと安心。また、普通の水に粉を溶かして、電解質を摂れるものもおすすめです。


とろみ剤、とろみ付き飲料、ゼリー飲料

普通の飲料ではむせてしまう方がご家族にいる場合、必ずとろみ剤やとろみ付きの飲料、ゼリー飲料も用意してください。


簡易トイレ、防臭用品

過去の災害で重大な問題となったのが「トイレ」。
ニオイ問題、断水によりトイレが使用できなくなる、仮設トイレの衛生面が気になり、トイレが使いづらいなど、様々な問題が起こりました。
簡易トイレや防臭袋は必須です。


衛生用品

お風呂に入ることもままならない避難生活。使い捨てのからだふきをご用意することをお勧めします。
また、手洗い石けんも備え、衛生的な環境を極力保ちましょう。


その他用品

頭を守る保護防止や、避難所での室内履きもあると便利。
むくみが出る方は、履き心地を調整できるベルトタイプがおすすめです。

室内履きの靴はこちらからご覧いただけます。


お食事

やわらかいお食事や、とろみのついたお食事しか召し上がれない場合、介護食の備蓄も大切です。


栄養補給

避難生活では、カップ麺ばかりになったり、食べられる量が少なかったりと、栄養が偏りがち。
栄養補給のできるゼリーなどを備えてください。