三温窯

つくり手と使い手の心が通うような温かみのある陶の食器

秋田県五城目町で開窯する三温窯。屋号には、「1つの“器の温もり”が使い手とつくり手の2つの気持ちを温め合えるような“器”作りを目指したい」という想いが込められています。陶芸家・佐藤秀樹さんのつくる器は、植物の灰を原料とした釉薬を使った自然な色合いが特徴で、お椀やお皿、コーヒーカップなど、日用雑貨を中心とした陶器を制作しています。(釉薬は、同じ種類の植物でも土壌などの影響や使用する粘土との関係で、若干色合いに変化があります。)景色に馴染み、料理と器が互いに引き立て合う柔和な色と佇まい、手に取りやすく口に沿う形状、素朴で味わい深いおおらかなフォルム。器を通してつくり手と使い手が交流するような、温かな心が宿っています。