大直(SIWA|紙和)

伝統と新しさが掛け合わさり表れる優しい風合い

1000年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー大直が、紙の可能性を広げる日常品として、工業デザイナー深澤直人さんと共につくりました。深澤さんは大直が開発した破れない障子紙「ナオロン」を、くしゃくしゃにすることで新たな風合いがでることを見いだし、 その優しさを生かした日常品のデザインを提案しました。 「SIWA|紙和」という名前は、紙のしわと和紙の反対読みの紙和という意味があります。 和紙を丹念に精製し、革を縫製するようにひとつひとつ丁寧に生産しています。

2種類のオリジナル紙を使用

  • ソフトナオロン

    木材パルプとポリオレフィン繊維が原料、和紙漉きの製法で作った自社開発の紙。やわらかくしなやかな紙質が特徴で破れにくく耐水性にも優れています。

  • RPFナオロン
    (リサイクルペットファイバーナオロン)

    使用済みペットボトル繊維製品から再生されたポリエステルリサイクル繊維を使って和紙漉きの製法で作った紙。紙独特の風合いもありながら破れにくく耐水性にも優れています。

水に濡れても破れない、軽くて丈夫な普段使いの紙小物

10キロの袋荷重テスト済みで、重いものも入れられます。また、軽くて耐久性にも優れており、普段使いはもちろん、旅行やサイドバッグに最適です。耐水性もあるので、傘などの濡れたものを入れても破れる心配がありません。