新山木工

昔ながらの技法で作られる、シンプルな美しさの木の器

木地師・新山敏郎さんの工房「新山木工」。木地師は、粗挽きされた木材をロクロに取り付け、鉋で削って成形するまでの工程を担当する職人です。川連漆器の伝統を支え続ける一人として、工房の一角にある鍛冶場で鉋や鉄型を自ら打つ、昔ながらの技法を貫いています。作品は、挽き上げた器の無垢な美しさに着目し、シンプルに拭き漆のみで仕上げた器やお皿、コースターなど。どれも表情の異なる木目が楽しめる一品です。