松井木工

伝統の技と新しいスタイルから今までにない価値を創出する

創業以来、収納家具を専門に製造を行ってきた老舗家具メーカーです。近代化に伴い、日本人の暮らし方や感性、住空間は現在進行形でどんどん変化し続けています。こうした変化の中で、日本古来の「風習・風土・習慣」や、留め・柄などの「伝統的な製作技法」を大切に家具作りに取り組む松井木工。 古くからの風習や伝統の蓄積を新しいスタイルと融合させた、今までにない価値をつくりだしています。

デザイナーと職人よって生まれる新たなライフスタイル

松井木工の新たなスタイルへの挑戦は、家具デザイナー・村澤一晃とのめぐり会いからです。デザイナーと職人の手によって、これまでにはない、家具の新しいスタイルが築かれました。デザイナーと職人が非常に近い距離感で製作を行い、メーカーとしての理想のカタチを追求し続けています。デザインする側と製造側との密な関係性で、使い手の気持ちに寄り添ったライフスタイルを提案しています。