kontex (コンテックス)

こだわりの素材と製法から生み出される上質なタオル

愛媛県今治市のタオルメーカー「kontex」。オーガニックコットンをはじめ世界各国の優れた綿花を厳選し、四国山系を源とする 天然ミネラル水をたっぷりと使用しながら植物性の純石鹸や、天然抽出オレンジオイルなどでゆっくり洗い上げるこだわりの製法で商品が生み出されます。全ての商品をつくり手自らが使い心地を確認し、よりよいモノづくりに努め安心・ 安全で使いやすいタオルを提供しています。

kontexのタオルができるまで

世界各地の優れた綿を厳選

コンテックスの素材はオーガニックコットンをはじめとする、世界各地から厳選された綿花を使用しています。畑から収穫された後、さらに厳しい審査を通り、ジン(収穫後の綿繰機作業)を経て紡績されます。

伝統の織りと染色技術

糸を切れにくく丈夫にするために、最初に糊付けをおこないます。今治タオルの伝統の織り方である「先晒し・後染め」手法(織った後に染色する)を行うため、柔らかく吸水性の高いタオルを造りだすことができます。

タオルの品質を左右する延べづくり

糊付け作業の後は「整経」を行います。これは、織機に設置する「延べ」という巨大な糸巻を造る作業のこと。沢山のロール(チーズ)から糸を集め、タオルを織機にかけるための延べを作成。整経の作業でタオルの品質・工程の順調さが大きく変わるため、巻きを行う際は非常に慎重かつ丁寧に行われます。新しい延べと織機を繋ぐ「延べ繋ぎ」はとても繊細な技術が必要となるのため、熟練の技が光る作業です。

昔ながらの織機でゆっくりと織り上げることで生まれる心地よい質感

昔ながらの「シャトル織機」や、かつて名機と呼ばれた「TOYODA織機」を使用し、現代の機械の3分の1の速さで、糸に負担をかけずにゆっくりと織り上げます。 このような織り方をすることで、商品の柔らかさや肌触りが変わってくるのです。もちろん最新の織機も利用しますが、商品の特徴に合わせて古い織機を利用しています。織機の調整の難しさや生産効率の観点からみれば決して最適な方法ではありませんが、いつまでも柔らかいタオルを織る為に敢えて古い機械を残しています。織りが完了したタオルは検反を行い、その品質や数量などを確認した後に、染色工場へと移動します。

手仕事による仕上げ作業で確かな品質を保証

加工を終えた後のタオルはまだ繋がったままの長い状態です。それをひとつひとつに手作業で切り分け、製品の形に近づける、カット作業を行います。カットされたタオルは、「耳」というタオルの長辺の部分をミシン掛けし、ほつれのないように丁寧に形作られます。最後に、「ヘム」と言われるタオルの最も厚い部分を織り込んで造り、パイルに終いをつけます。同時に、今治タオルの認定マークとコンテックスのロゴマークがヘムに縫い付けられます。確かな品質と製造元を表す表示の部分もタオルにとって大切なパーツとなります。

タオルのお手入れ

《タオルの扱い方》
飛び出たパイルはハサミでカット

タオルのパイルループは縦方向につながっているので、1つのパイルを引っ張ると次々にパイルが抜けていきます。パイルを引っ掛けたり、飛び出しているパイルがあればその部分をハサミでカットしてください。

新しいタオルは洗濯してから収納

新しいタオルを収納される場合は、一度お洗濯してから収納してください。湿った状態で放置すると異臭やカビの原因になります。

《タオルのお洗濯》
はじめは単体でお洗濯

新しいタオルを洗う場合、はじめは多少の毛羽おちがあるので、他のものとは別に洗濯してください。

中性洗剤を使用し、硬くなったら柔軟剤を入れる

洗剤は中性洗剤がオススメ。塩素系漂白剤のご使用はお控えください。また、製品を長く使用している際に硬く感じた時は、柔軟材を適量ご使用ください。(頻繁に使用すると吸水性の妨げになります。約10~15回に1回ぐらいの頻度でのご使用をおすすめします。)

パイルを起こして、日陰の風通しの良い場所で乾かす

乾かす場合は、タオルの両端を掴み、数回パタパタと叩いてパイルを起こしてから干してください。直射日光をさけ、日陰の風通しの良い場所で干してください。(日光に直接さらすと色あせや繊維の硬直につながります。タオルにゴワつきを感じた時は、一度タンブラー乾燥をお勧めします。)