硝子の種

宙吹きガラスの技法で作られた 一点物のガラス作品

作家・内田悠介さんとほか1名、富山県のガラス制作ユニット。作り手の印象に残った風景を硝子の中に閉じ込め、器や照明、オブジェなどの作品として表現しています。1つ1つ丁寧に仕上げられた一点物のガラス作品。1,300度の窯で高温に熱せられたガラスを竿を使用して息を吹き込んで形成する「宙吹きガラス」の技法で仕上げられています。
あめ状になったガラスを竿の先端に巻きつけたものを「タネ」といい、その「タネ」が、たどり着いた先で芽を出す植物の種のように、カタチを変えて人々の生活に芽を出すきっかけになって欲しい。そんな 願いの込められた作品を作り出しています 。