藤総製陶所

老舗窯元の伝統の技と開発力で生まれる 暮らしに寄り添う工芸品

藤総製陶所は、1907年(明治40年)に創業し、「萬古焼」を作り続けている窯元です。急須をはじめとする軽量食器や土鍋、ご飯窯などを中心に製造。伝統の中で培われた技術力と、使い手の暮らしに寄り添った商品の開発力を併せ持った器づくりに取り組むメーカーです。また、釉薬を自社で調合し、萬古焼では珍しい志野釉や灰釉を施した製品も発表しています。

萬古焼の歴史

耐熱性に優れ、土鍋やご飯窯などの陶磁器で有名な「萬古焼」は、三重県四日市市の伝統的な産業となっています。その歴史は古く、江戸時代元文年間に桑名の商人・沼波弄山が、現在の三重群朝日町小向で茶器を焼き始めた事がはじまりです。変わらずに永遠に残っていくように、と「萬古」や「萬古不易」の印を作品に押した事が名前の由来となっています。弄山の没後、一旦廃れてしまった萬古焼を、森有節や山中忠左衛門をはじめとする先人達が再興し、四日市を代表する地場産業となりました。現在では、四日市市の菰野(こもの)町を中心に100以上もの窯元があり、1979年(昭和54年)には通商産業大臣指定の伝統工芸品に指定されています。