内山章一-Shoichi Uchiyama-

やさしい光でつつみこまれる 素材感と奥行きを感じられる照明

1977年に内山章一デザイン事務所を開設以来、不快感のないやさしい光を生み出す照明器具の創造に取り組む証明デザイナー。内山さんのデザインは、照明器具をとおして質の高い光を生みだすことを目的としており、ものを美しく見せることや、物体のテクスチュアと奥行きを感じさせることなど、空間における間接光の美しい効果を実現することに取り組んでいます。これまでドイツのiF賞、日本のグッドデザイン賞を受賞しています。
(画像出典 https://www.louispoulsen.com/jp/about-us/designers/shoichi-uchiyama/)

プロセス重視の上質な照明

製作にあたって、光の特性を完璧に把握し、その光をコントロールして理想的な光の広がりをつくりだし、不快感を感じるような眩しさを取り除いています。また、質の高い照明を実現するために、光の効果を検証するプロセスが特に重視。実際の光源をセットした原寸大模型を使用し、製品外観の美しさはもとより、光の強さ、色、陰影を綿密にチェックしていきます。このように厳格なデザインプロセスが、機能的でシンプルなフォルムを生み、最後の最後まで追求された美しさを作品に与えています。

デザイナー一覧