新山敏郎-Toshiro Niiyama-

木地師が挽いた、シンプルな木の器

中学卒業と同時に親方の元へ弟子入りし、木地師の修行を始め、20歳で独立して自分の工房「新山木工」を構えます。新山さんは、粗挽きされた木材をろくろに取り付け、鉋で削って成形するまでの工程を担う「木地師」と呼ばれる職人です。川連漆器の伝統を支え続ける一人として、工房の一角にある鍛冶場で鉋や鉄型を自ら打つ、昔ながらのスタイルを貫いています。作品は、挽き上げた器の無垢な美しさに着目し、シンプルに拭き漆のみで仕上げた「すっきり」や「ぽってり」など。どれも表情の異なる木目が楽しめる一品です。

デザイナー一覧