KOZLIFE


KOZLIFEのコンセプト「LOVE FOOD LOVE LIFE」
を作りあげたコンセプター・和田健司さんによる
エッセイ「love letter from K」。
KOZでのお買い物がもっと楽しくなるヒントをお届けします。

ごあいさつ

KOZLIFEでお買い物中の皆さん、こんにちは。和田健司と申します。
この度、KOZLIFEさんでエッセイの連載を始めることになりました。
KOZさんと初めてお会いしたのは2011年、今から10年程前です。僕はコンセプターという聞き慣れない仕事をしていまして、企業や製品などの企画を考えたりそれをデザインしたりする仕事をしています。平たく言うとアイデアマンのような仕事です。実は、約1年をかけて2012年にKOZLIFEのWEBサイトがリニューアルオープンしたのですが、その頃からのお付き合いで、裏方として色々と企画を起こしたり商品を開発したりしてきました。皆さんがご存知のLOVE FOOD LOVE LIFEというコンセプトやロゴデザイン、STIIKのお箸も企画段階から一緒に作り上げてきました。



日常生活からふと何か「気づくこと」って、ありますよね。
僕は仕事柄、物事を斜め45度から見つつ色々な「気づき」を見つけ与えていく事を日常的にしています。例えば全然見向きもしなかった製品が、何か視点が変わるだけでぐっと魅力的に見えたり、その逆もありますね。そんな「!」な瞬間を文章や写真を通して皆様にお伝えできたらと思い、お手紙のようなエッセイを書いていこうと思います。

KOZLIFEでのお買い物がもっともっと楽しくなりますように。
和田健司


「まいにちふれる」2020年7月3日

「毎日触れるもの」を見つめてみるということ。「毎日使う物」と「自分らしさ」がどう繋がっているのか?というのは、あまり語られていないように思います。 >>続きはこちら

「時間から自分へ」2020年6月19日

今回から新しいテーマ「自分」がスタート。今まで経験したことのなかった時間の使い方を経て、今気になっている「自分」というものの見つけ方・作り方を書いていこうと思います。 >>続きはこちら

「タイムトラベルの方法」2020年6月5日

皆さんにとってもこの数ヶ月は色々と考えさせられる事の多い期間だったと思います。6回に渡り続いたテーマ「時間」もこれで完結。最後に見つけた、僕なりのタイムトラベルの方法をちょっとお話したいと思います。 >>続きはこちら

「時間がありあまる」2020年5月15日

インドア大好き。家にいるの大好き!な自分ですが、正直ちょっとキツくなってきました、ごめんなさい(笑)。これはダラダラしてもいいだろう!と完全に割り切り、怠惰な生活を思いっきりしてみることにしました。 >>続きはこちら

「精神と時の部屋の作り方」2020年4月24日

「家ですごそう」この文字を今月は何回見たことでしょう。 皆さんもあの手この手で気分転換をされている事と思います。そんなステイアットホームな時間の中で、ちょっと見つけた事があります。 >>続きはこちら

「アットホームの時間」2020年4月10日

本来であればアットホームというと、暖かい家族団欒のイメージ。
けれど今、私達を取り巻くのは「家で過ごさなければいけない」という意味でのステイ・アットホーム。果たして、家で過ごす時間に気づきはあるでしょうか。 >>続きはこちら

「時間の味」2020年3月27日

約10年構えた事務所を引き上げ、自宅で仕事をし始めました。
(まさか世界的に在宅勤務という状況になるとは…)

生まれたのは「時間の余裕」。そして「心の余裕」。
今までできなかったことに目を向けられる、良い機会なんじゃないかと思うんです。 >>続きはこちら

「時間の位置」2020年3月6日

掃除の時間、靴紐を結ぶ時間…。
そんなちょっとした時間でも、誰にでも流れる時間は一緒。
1日は24時間と決まっています。
せわしない毎日を過ごすための「時短」ではなく、わが家の生活の時間をミニマルに、でも有意義にしてくれる「時間の位置」を考える今日この頃なのです。
>>続きはこちら