Urbaniaアーバニア

by KAHLER
ケーラーアーバニアおうちキャンドル

Urbania

Cosy light

春・夏・秋・冬、一年中を通して北欧の人々の生活にはかかせないキャンドル。
そんなキャンドルのホルダーがかわいいお家型になって登場。

「Hygge」な灯り

こんなキャンドルホルダー見たことない!
というのがアーバニアを見た第一印象。一目ぼれしました。
けど、日本ではキャンドルを使う習慣って正直あまりないですよね?
私自身、日本ではほとんど使っていません。
けれど、毎日あたりまえにキャンドルを使う、
北欧の人たちの暮らし方に憧れたりもします。
だってキャンドルの灯りってすごく温かくて癒されるし、
何と言ってもキレイじゃないですか!
そして憧れていたからか、デンマークに住んでいた頃は
頻繁にキャンドルを使っていました。その雰囲気が大好きでした。
北欧の人たちは本当によくキャンドルを使います。冬はとくに。
北欧の冬は日が短く、本当に暗い。そして寒い。
そんな冬を温かく心地よく乗りきるためにも
キャンドルは北欧の人たちにとって
欠かせないものだったんじゃないでしょうか?
デンマーク語に「Hygge」ヒュッゲという単語があります。
これは、居心地がいいことやそんな雰囲気を表す言葉です。
家族や友人との語らいの横にはキャンドルの灯りがある。
その空間がHyggeです。
みなさんもそんなすてきな空間を
アーバニアと一緒につくってみませんか。

家にデンマークの街並みを

北欧の伝統的なクリスマスの飾りから
インスピレーションをうけて生まれたアーバニア。
真っ白な本体に窓を模った穴が開いているだけ。
このシンプルさがどんな環境にも溶けこんじゃう理由だと思います。

キャンドルハウスだからって無理にキャンドルを使わなくてもいいんです。
オブジェとして棚や玄関に飾ったり。
天気が良い日にはお庭に飾るのもありです。
このシンプルなデザインだからこそ、緑のなかにも映える!
外でなくても、家にある観葉植物なんかと一緒に飾ってもいいですよね。

けどやっぱりアーバニアが本領発揮するのはキャンドルの光を灯した時。
窓からこぼれる光が本当にキレイ!!
まわりの明るさによっていろんな雰囲気が楽しめるので、
使う時間や場所を変えたりしながら、毎日違う雰囲気が楽しめます。

そしてもちろん組み合わせは自由。
全部バラバラに飾ってみてもいいし、
いくつか並べて飾るとデンマークの街並みが家に再現できます。
数が多ければ多いほど街っぽくなるかも?
お気に入りの形があったら、同じ形だけ集めて飾ってもいいですね!

アーバニアの楽しみ方は自分次第!

ケーラーアーバニアおうちキャンドル

手軽に光が楽しめる

アーバニアの後ろには少し大き目の穴があいています。ここがキャンドルの入り口です。それぞれの家に合った形にくりぬかれていて、これもまたかわいい。ここからティーライトキャンドルを入れて、本体中央に置くだけ。LEDキャンドルを入れても十分に楽しめますよ。
※ティーライトキャンドルは商品に含まれていません。

購入前にご確認ください

アーバニアの最大の特徴でもあるこのたくさんの窓。実は一つずつ人の手でくりぬかれているのです。気が遠くなる様な作業ですね…そのため、窓枠に小さな亀裂が入っていたり、少し歪んでいたりすることがありますが、ご了承ください。また、表面に若干の凹凸や、小さなドットなどがある場合もございますが、こちらも良品とさせて頂いております。

Urbania

ブランド KAHLER / ケーラー
デザイン Mette Bache / メッテ バッヘ
Barbara Bendix Becker / バーバラ ベンディクス ベッカー
材質 ドロマイト
生産 made in CHINA


    使用上の注意:
  • ティーライトキャンドル以外のろうそくは使用しないでください。
  • ティーライトキャンドルは必ず本体の中心に置いて使用してください。
  • キャンドルに火をつけると本体が熱くなります。
    ご使用の際は十分にお気を付け下さい。
  • 小さなお子様の手が届くところで使用しないでください。
  • キャンドルを出しいれする際や、使用している間に本体にすすが付く場合がありますが、拭き取ることができます。
  • ご購入前にご確認ください:
    天然の土を使用している為、商品の色味には多少の差がある場合がございます。
    手作業で作られているため、下記の様な状態は良品とさせて頂いております。
  • 窓枠などのゆがみ
  • 小さなドット
  • 窓枠の小さな亀裂
  • 商品表面の若干の凹凸
予めご了承ください。