薪選びで焚き火が変わる!薪ストーブ用・キャンプ用の薪にこだわろう 薪選びで焚き火が変わる!薪ストーブ用・キャンプ用の薪にこだわろう

Sizeまず知っておきたい薪のサイズ

細 割

細 割

直径約2㎝の細い薪。主に針葉樹 のスギ等は焚きつけ用して使うと 着火が早くおすすめ

中 割

中 割

直径約5㎝で中くらいの太さの薪。 大割より着火しやすいので焚き火 などにおすすめ

太 割

大 割

直径約10㎝の太い薪。 燃焼時間は⾧いが着火しにくいた め、燃焼効率の良い薪ストーブに おすすめ

Wood Stoveご自宅用薪ストーブ

薪ストーブに必要な薪の量

ストーブに必要な薪の量

使っている薪ストーブや使用環境などによって異なりますが、薪ストーブは焚き火と比較すると薪の消費が早い傾向にあります。丸1日使う計算なら広葉樹の薪を30kg位は用意しておくのがおすすめです。

薪のくべり方

のくべり方

おすすめの焚きつけ方法としては、下にスギ等の針葉樹薪を井桁に組み、その上にナラ等の広葉樹薪を積み上げる方法です。 このとき、空気の通り道を作りながら積み上げていくのがポイントです。針葉樹薪に火をつけると燃えやすい針葉樹薪から空気の流れに沿って広葉樹薪へ自然に火がまわります。

注意すべきこと!

意すべきこと!

どんな樹種でも、乾燥が足りず薪の内部に水分が残った状態のまま焚くと、十分な熱量が得られないだけでなく、煙突内に水分を含んだ煤が付着して煙突を詰まらせてしまう原因になります。
また、煙が大量に発生したり、煙導内に火がつく煙導火災を引き起こしたりすることもあるため注意が必要です。

薪ストーブ用の薪選びで
よくあるご質問

Q.

広葉樹の薪でも、火持ちが良い物と良くないものがあります。何が違うのでしょうか?

A.

広葉樹の中でも樹種によって、木の密度(比重)が違います。密度の高い、カシ、ナラ等は、火持ちが良いため、薪をくべる回数も減りますのでおすすめです。

Q.

焚きつけ後、ストーブ天板の温度も十分に上がっている状態で薪を追加したのですが、追加した薪が燃えるまで時間がかかる時があります。

A.

薪の乾燥が不十分な可能性があります。燃焼時に「シューシュー」と音が出ていたり、薪の端から白い煙が出ている場合は薪の乾燥が不十分です。外見が乾燥していても、薪の中心部が乾燥しきれていない事もあります。煙突を痛めるだけでなく、ストーブの温度も上がらず部屋も冷えてしまうので、十分に乾燥させた薪を使用しましょう。

Q.

薪ストーブのガラスが煤で汚れていたので掃除をしたのですが、今一つ綺麗になりません。

A.

キッチンペーパーを水で濡らしてストーブ内の灰を付けて擦ると煤が取れるのでおすすめです。擦ったあとは乾いたキッチンペーパーで拭くとガラスが綺麗になります。

Q.

どのくらいの薪を購入しておけばいいでしょうか?

A.

薪ストーブのサイズや使用時間、環境などによっても変わりますが、「夜間だけ」「週末だけ」のご使用であれば1シーズン2~3t、一日中使用される場合は4~5tほどが目安になります。

炎の温もりで冬を温かく

薪ストーブのある生活

050-1319-2039

受付時間 : 10:00 ~ 20:00
メールアドレス : support@hillswood.jp

受付時間 : 10:00 ~ 20:00
メールアドレス : support@hillswood.jp

Campキャンプ用

キャンプに必要な薪の量

ャンプに必要な薪の量

燃やし方や炎の大きさ、風の状況などに影響を受けますが、一般的な1泊2日のキャンプで大きな火を燃やさなければ、広葉樹薪10~15kgあれば1晩持つでしょう。また、冬場の薪ストーブを使用の場合は、1泊2日で30㎏位は準備しておくと安心です。

薪の組み方

の組み方

-井桁型

キャンプファイヤーで用いられる井桁型は、文字どおり薪を「井」の字に組んでいく方法です。燃えやすいスギ薪などを真ん中に置き薪で囲うことで、短時間で安定した炎が作れます

-ピラミッド型(ティピー型)

円錐状に組むピラミッド型は、少ない薪でも高さのある炎が作れます。井桁型と同様、大きな炎が上がります。

-開き傘型

薪の端を中央に集める開き傘型は、中央部分から外側へ徐々に燃焼していくため、薪の燃焼時間が長くなります。調理にも使いやすい組み方です。

-並列型

枕木として2本の薪を置いて、その上から並列に薪を並べるのが並列型です。薪が安定するだけでなく、燃焼効率もいいので強い火力が必要なときにもおすすめです。直火が可能な場所においては地面が濡れていても影響をうけにくいです

キャンプ用の薪選びで
よくあるご質問

Q.

キャンプ場内に落ちている枝を集めて焚き火をしたのですが、煙が多くなかなか火がつきませんでした。なぜでしょうか?

A.

地面に落ちている枝は生木から落ちたものですので乾燥していないことが多く、火着きが悪かったり、水分を含んでいるため煙が多く出たりします。キャンプで時間を楽しむためにも乾燥した薪を使用しましょう。

Q.

現在使用している焚き火台のサイズが小さいせいか、薪が焚き火台よりはみ出てしまい薪が燃えてくると焚き火台から落ちそうになります。

A.

焚き火台は種類が豊富でサイズも色々とあります。お使いになっている焚き火台のサイズをご確認し、薪のサイズを選びましょう。

Q.

いつも焚き火には建材を使用しています。燃えは良いのですが、すぐに燃え尽きてしまいます。ゆっくりと炎を見れるようなおすすめの薪はありますか?

A.

広葉樹のナラやカシ、ケヤキがおすすめです。火が着くまでは時間がかかりますが、一度火が着けば、長く燃え、熾火まで楽しめます。

焚き火でキャンプを快適に

キャンプで薪の香りと炎を楽しむ

050-1319-2039

受付時間 : 10:00 ~ 20:00
メールアドレス : support@hillswood.jp

受付時間 : 10:00 ~ 20:00
メールアドレス : support@hillswood.jp