WCCF FOOTISTA販売・買取専門店【フルアヘッド】 >
【05/30】ルイス・スアレス
本日の動画は、ルイス・スアレスです。
バルセロナのチームメートからは「ゴルド(太っちょ)」のあだ名で呼ばれている。
噛み付き、人種差別発言など問題行動の多さもありイギリスのサッカーサイト”Football Fan Cast”において「プレミアリーグで最も嫌われているサッカー選手」に選ばれた。
【05/29】エディソン・カバーニ
本日の動画は、エディソン・カバーニです。
2007年に結婚し、妻との間に2児を設けたが、自身の浮気が原因で2012年末に破局。
リーグ・アンで対峙した酒井宏樹は、「80分くらいは(ゴール前で)ポジションを取ってないような選手ですけど、他の10分で2、3点取ってくる選手。ペナルティエリア内での仕事が一番得意な選手」と評している。
【05/28】マルコ・マテラッツィ
本日の動画は、マルコ・マテラッツィ です。
アグレッシブなプレースタイルで知られ、セリエAでDFとしては異例の通算54得点を記録し、通算で60枚以上のイエローカードと25枚以上のレッドカードをもらっている。
2006年ワールドカップでのジダンへの頭突き事件の中で何を発言したかを自身のインスタグラムでのライブで明かし、
ジダンが「俺のユニフォームを後であげるから」と言われたのに対し「ユニフォームよりお前の姉ちゃんが欲しいな」との発言をしたと振り返っている。
【05/27】ファビオ・カンナバロ
本日の動画は、ファビオ・カンナバロ です。
坊主頭を気に入っており、チームメイトにも勧める。
過去、ズラタン・イブラヒモビッチ、ジェンナーロ・ガットゥーゾ等が彼の影響で頭を丸めた。
【05/26】パオロ・マルディーニ
本日の動画は、パオロ・マルディーニ です。
パオロがACミランでつけていた背番号3は、彼の父親のチェーザレ・マルディーニから始まる親子3代のACミラン入りとなった長男クリスティアン・マルディーニが引き継がない限り、
永久欠番となる。
FCバルセロナがUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09で優勝した際、監督をしていたジョゼップ・グアルディオラは「優勝カップを引退するマルディーニに捧げたい」と発言した。
【05/25】レオナルド・ボヌッチ
本日の動画は、レオナルド・ボヌッチ です。
2012年10月20日に家族と共に車を購入しにトリノにあるカーディーラーの元を訪れた際、強盗に襲われた。
頭に銃を突きつけられ、「腕時計をよこせ」と脅されたが渡さず、逆に殴り倒した。
そしてそのまま彼は強盗を取り押さえようとしたが、強盗は近くにいた仲間のスクーターに乗って逃亡した。
その際強盗は「お前何してんだよ!?正気か!?撃つぞ」と言いながら逃げたらしい。
【05/24】アレッサンドロ・ネスタ
本日の動画は、アレッサンドロ・ネスタ です。
同じくローマ出身であり、若くしてライバルクラブであるASローマのキャプテンとなったフランチェスコ・トッティとはライバルであり、よき親友、常に比較されていた。
サッカーもさることながら、学業の成績も優秀であり、サッカー選手になるか弁護士になるかを本気で悩んでいた。

【05/23】ジョルジョ・キエッリーニ
本日の動画は、ジョルジョ・キエッリーニ です。
ゴールパフォーマンスとして、ゴリラのドラミングの真似を披露することで知られ、自身をイメージしたゴリラのキャラクターが存在する。
子供の頃はバスケットボール選手になることが夢だったが、身長が低くて諦めた。憧れのバスケット選手にコービー・ブライアントの名前を挙げている。

【05/22】アントニオ・コンテ
本日の動画は、アントニオ・コンテ です。
ACシエナ時代に八百長を知りながら告発しなかった罪に問われ、裁定の結果10か月の資格停止処分を受けた。
2013年6月10日、10年間にわたって交際していたイタリア人女性と結婚。2人の間には娘がいる。

【05/21】クラウディオ・マルキジオ
本日の動画は、クラウディオ・マルキジオ です。
『Pincipino(プリンチピーノ=王子さま)』のニックネームのとおり、水色に澄んだ瞳と優しい顔立ちで、日本でもイケメンプレーヤーとして注目されたことがあった。
ゼニトでの背番号に10番を選択した理由を、憧れのユーヴェの先輩デル・ピエロの影響であることを明かしている。

【05/20】ジェンナーロ・ガットゥーゾ
本日の動画は、ジェンナーロ・ガットゥーゾ です。
アンチェロッティのACミランでの最終戦の後に別れを惜しんで声を出して泣いた。
彼の父親は息子をジャンニ・リヴェラのような選手に育てたかったようだが、本人は「昔からそんな選手には興味がなかった」と語っている。

【05/19】アンドレア・ピルロ
本日の動画は、アンドレア・ピルロ です。
正確なパスと高度な戦術眼を武器とし、レジスタとして活躍しており、フリーキックの名手としても知られる。
子供のころはアニメ『キャプテン翼』(イタリア名「Holly e Benji」)に夢中で、特に三杉淳に憧れていたことを語っている。

【05/18】ジャンルカ・ザンブロッタ
本日の動画は、ジャンルカ・ザンブロッタ です。
少年時代から実家の部屋には大ファンであるロベルト・バッジョのポスターが張ってある。
有名人のポスターを貼るという行為が好きでないにも関わらずである。本人曰く「ロビーだけは特別なんだ」。

【05/16】マルコ・ベッラッティ
本日の動画は、マルコ・ベッラッティ です。
2012年夏、フランスのパリ・サンジェルマンFCと5年契約を結ぶ
2018年11月2日、パリ13区にある環状道路を運転していたところ飲酒運転で逮捕された。

【05/15】ジュゼッペ・メアッツァ
本日の動画は、ジュゼッペ・メアッツァです。
イタリア史上最高の選手(もしくはイタリア史上最高のストライカー)として現在も語り継がれる伝説的選手であり、
インテルとACミランのホームであるスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァにその名を残している。

【05/14】マリオ・バロテッリ
本日の動画は、マリオ・バロテッリです。
いろんな問題行動からマルコ・マテラッツィによりロッカールームに叩きつけられ顔を殴られたり、
2011年5月にはシティのチームメイトだったヤヤ・トゥーレとカルロス・テベスから愛車のマセラティを小麦粉まみれにされ、スパイクを天井に張り付けられるなど、チームメイトから制裁を受けている。

【05/13】フィリッポ・インザーギ
本日の動画は、フィリッポ・インザーギです。
マンチェスター・ユナイテッドFC元監督のアレックス・ファーガソンは、オフサイドラインを上手く突破するインザーギについて「オフサイドポジションで生まれた男」とコメントしている。
またヨハン・クライフは「彼はサッカーをまったくしていない。ただ常に的を射た場所にいるだけだ」とのコメントを残している。

【05/12】フランチェスコ・トッティ
本日の動画は、フランチェスコ・トッティです。
約25年間に亘ってASローマ一筋でプレーしたワン・クラブ・マンであり、同クラブの歴代通算最多得点(316得点)および歴代通算最多出場(786試合)の記録を持つ。
長男が生まれた頃からは、得点した際に右手の親指を咥える「おしゃぶりパフォーマンス」をしているが、これは2人の子供ではなく、指をくわえる癖のある妻イラリーへ向けたものである。

-->
【05/11】クリスティアン・ビエリ
本日の動画は、クリスティアン・ビエリです。
寡黙で気難しく記者泣かせの選手といわれていた。
インテル時代、サポーターを挑発、小馬鹿にするパフォーマンスを繰り返したためファンの怒りを買い自身経営の店舗を犯行声明つきの爆破テロで破壊されていた。

【05/10】ロベルト・バッジョ
本日の動画は、ロベルト・バッジョです。
「イタリアの至宝」、「偉大なるポニーテール」と称され、ファンタジスタの象徴的な存在として知られていた。
使用スパイクはデビューから引退までディアドラ。1999年、イタリア代表での試合など一時期のみkappaを使用。

【05/09】アレッサンドロ・デル・ピエロ
本日の動画は、アレッサンドロ・デル・ピエロ です。
自身の日本語ブログを開設するなど親日家としても知られている。
新日本プロレスリングの熱烈なファン。1970年代後半から1980年代前半にかけてイタリアでもTV放映されていた『ワールドプロレスリング』を子供の頃よく見ていたという。

【05/08】チーロ・インモービレ
本日の動画は、チーロ・インモービレ です。
2013-14シーズンは開幕からゴールを量産、2014年3.22のリボルノ戦でキャリア初のハットトリックを成し遂げるなど、22ゴールを決め、自身初のセリエA得点王となった。
2019-20シーズン、2019年11月3日ACミラン戦でラツィオでの100ゴールを達成した。

【05/07】フランチェスコ・トルド
本日の動画は、フランチェスコ・トルド です。
1995年10月8日のクロアチア戦で代表デビューを果たす。以来ジャンルイジ・ブッフォンと並ぶゴールキーパーとしてイタリア代表を牽引していたが、UEFA EURO 2004終了後に代表は引退した。
PKをストップすることが多く、EURO2000の準決勝・オランダ戦では試合中に2本のPKをストップし、さらに0-0のまま迎えたPK戦でも2本のPKをストップして勝利の立役者になった。

【05/06】ジャンルイジ・ドンナルンマ
本日の動画は、ジャンルイジ・ドンナルンマ です。
兄のアントニオ・ドンナルンマもゴールキーパーであり、共にACミランのトップチームでプレーをしている。
熱烈なミランのファンであり、14歳の時に宿敵であるインテルと契約寸前であったものの、ミランでのプレーを諦めきれず、これを拒否している。

【05/05】ジャンルイジ・ブッフォン
本日の動画は、ジャンルイジ・ブッフォンです。
2011年にチェコ人モデルのアレナ・セレドヴァと結婚したが、自身の不倫が原因で2014年5月に離婚した。
FCポルトのイケル・カシージャスは「あまりにも多くの才能に恵まれ、冷静でチーム全体に良い影響を及ぼしている」と評価している。

【05/04】【スーパーゴール】伝説の弾丸ロングシュート20連発!まさに神業【サッカー】
本日の動画は、選手じゃなくてスーパーゴール動画をご紹介です。
海外選手の弾丸ロングシュートで決めたスーパーゴール! 神業すぎて開いた口が塞がらない。
映像の中には優良白のこちらの選手も収められておりました。
【05/03】ボビー・ムーア
本日の動画は、ボビー・ムーアです。
FIFAワールドカップ、FAカップ、UEFAカップウィナーズカップの優勝を全てウェンブリー・スタジアムで獲得している。
1999年、 ワールドサッカーの20世紀の偉大なサッカー選手100人で14位に選出された。

【05/02】トレント・アレクサンダー=アーノルド
本日の動画は、トレント・アレクサンダー=アーノルドです。
リオ・ファーディナンドは「右サイドバックの位置から試合を支配した方法は、カフー以来見たことがない。」と賞賛した。
またカフー自身も、「自分とプレースタイルが似ている。将来バロンドールを受賞出来る可能性がある。」と評価している。

【05/01】ジョン・テリー
本日の動画は、ジョン・テリーです。
気迫に満ちたプレーが特徴であり、同僚のフランク・ランパードをして「男の中の男("a man's man")」と称された。
本人曰く、練習を欠席することはまずなく、練習もまじめにやっていたからキャプテンを任されたことがあると語っている。