ウィリアム・フェーブルの歴史

  • ウィリアム・フェーブルの歴史
  • 1750年設立。1950年に現在の社名となっているウィリアム・フェーブル氏が相続。氏は積極的に畑を買い増し拡張。うちグランクリュが15.2ha、プルミエクリュが約12haを占め、最大のグランクリュ所有ドメーヌとなる。しかし、フェーブル氏には跡継ぎがおらず、1998年に引退すると買い手が殺到、その中で選ばれたのは、すでにブシャール社の改革を成功させていた、シャンパーニュ「アンリオ」のジョゼフ・アンリオ氏だった。

    アンリオ取得以降の変革

    アンリオ氏は類い稀な畑の能力を最大限に活かすため、ブシャール社の若手醸造家ディディエ・セギエ氏を改革の実践者として抜擢 当時31歳。セギエ氏は、透明感があり、シャブリ本来の酸のうまみのあるワインづくりをするため 、いくつもの改革を断行し、ついにウィリアム・フェーブルは名実ともにシャブリ最高の生産者となった 21 年 Bettane Dessauve にて五ツ星満点評価を得る。 最高品質をグランクリュ、プルミエクリュ、 AC シャブリ各クラスで実現する稀有なドメーヌである。 買いブドウによるネゴシアン部門も持つ。

    1750年頃

    フェーブル家がシャブリ近くのフォントネイ村でブドウ栽培。

    1959年

    ウイリアム・フェーブル氏の最初のヴィンテージ

    1998年

    アンリオ家の傘下に入る。

    2006年

    自然由来の製品使用開始
    植物や植物由来のエッセンスの使用し、自然の雑草を生かす(カバー・クロップ)

    2010年

    ドメーヌの畑でビオディナミ農法の開始

    2014年12月

    農務省が推奨する農法である、環境に高度に配慮した農法のレベル3の認証を受ける
    (CertificationHauteValeurEnvironnementale-Niveau3)
    機械化に頼らず、22名のヴィニュロンのによる多岐にわたる手作業で畑作業を行う

    2015年

    ドメーヌの畑78hectaresに拡張
     -グラン・クリュ15,2Ha
     -プルミエ・クリュ15,9Ha
     -村名シャブリ46,9Ha

商品ラインナップ