ブシャール・ペール・エ・フィスとは

  • ブシャール・ペール・エ・フィスとは
  • 1995年、シャンパーニュの老舗アンリオ家のジョゼフ・アンリオ氏がオーナーになると、ワイン作りの全工程で徹底した品質改革が行われました。そのポリシーは

    「ひとつひとつの畑の個性(テロワール)が忠実に反映されていること」
    「魅惑的な果実味と洗練されたエレガントさをあわせもつ味わいであること」

    ■畑~素材命の姿勢~

    ・リュットレゾネ(減農薬)の採用。約30の畑に気象台を設置し、24時間体制で気象データを収集
    地中の温度や湿度まで把握し、病害が発生しそうな区画を予測。最低限の処理をその畑に施すにとどめる

    小型のプラスティックケースによる手収穫

    ・積極的な改植。多産系の苗木をヴィエイユヴィーニュといえども良質のクローンの若木に植替え

    ■設備投資

    ・コニャックのタランソー社と共同で専用の樽製造会社を設立。完全なオーダーメイドの樽を調達

    ・小型の最新型ステンレス発酵槽の購入により、収穫ぶどうを細かく区画ごとに、成熟度に応じた仕込みが可能に

    ・2005年、1400万ユーロ(約20億円)を投資した新醸造施設が始動。深さ12mまで掘り下げた 重力に逆らわない多層構造、丁寧な選果ができる広い選果スペース、畑の収量に合った多数の発酵槽(木またはステンレス)、年間を通じて温度変化が極めて少ない清潔な設備

    ・完全温度管理のロジスティクスセンターを設立

    ■ネゴシアン部門でも

    ・極力買い酒は行わず、栽培指導からおこなったぶどう果を買い取り、自ら醸造(白ワインは果汁で購入)

商品ラインナップ