梅干し、あんぽ柿に梅うどん!紀州グルメの通販店 ふみこ農園

あんぽ柿、梅うどん、梅グラッセなどの梅スイーツにフルーツコンポートも♪

ご注文・お問い合わせはこちらから

フリーダイヤル 0120-14-2353 月~土曜日 9:00~17:00

楽天グルメ大賞2017 ゼリー部門 果実の宝石箱フルーツコンポート iTQi 7年連続三つ星受賞 Diamond Taste Award

  • 紀州南高梅
  • 梅加工品
  • あんぽ柿
  • 有田みかん
  • 和歌山フルーツ
  • 和歌山野菜
  • スイーツ
  • 立体ケーキ
  • パティスリー銀座千疋屋
  • 梅うどん、乾麺
  • 和歌山ラーメン
  • たまご調味料
  • 紀州特産品
  • 具材付冷凍麺
  • 多肉植物
  • 麺類いろいろ
  • 松茸土瓶蒸し
  • 紀州海の幸
  • 季節イベント
  • キャンペーン

果実の宝石箱 フルーツコンポートセット
楽天グルメ大賞3年連続受賞!
果実の宝石箱フルーツコンポート

敬老の日 人気商品!紀州無添加あんぽ柿
ギフト人気商品!
無添加!紀州自然菓あんぽ柿 送料無料 iTQiダイヤモンド味覚賞受賞

和歌山の新生姜
和歌山の新生姜 ご予約開始!
朝、採れたて新鮮な新生姜

美味しいスイカ ひとりじめ
美味しい小玉スイカ!ひとりじめスイカ ご予約開始!

紀州梅うどん、さっぱりしこしこ美味しい夏麺
紀州南高梅肉を練り込んだ生めんの梅うどん!専用つゆ付

紀州無添加あんぽ柿
爽やかさ、香り立つ!
紀州梅そうめん 全国送料無料

和歌山ラーメンコシのある韓国冷麺に梅を乗り込んだ爽やかな美味しさ!つゆも絶品!

和歌山県協力商品!わかやま
和歌山県協力商品!キラキラジュレまで美味しいわかやまポンチセット

紀州フルーツ甘酒セット
甘酒 ノンアルコール 米糀 紀州フルーツ甘酒6本セット 送料無料!

五感で楽しむ新しい和菓子!フルーツ大福
五感で楽しむ新しい和菓子!目にも楽しい彩りフルーツ大福

在宅応援!ごちそうおうちごはん!簡単時短
具材全てセット!おうちで簡単!ごちそう冷凍麺9種 送料無料

元祖!和歌山ラーメン 濃厚豚骨醤油の美味しいラーメン
濃厚!豚骨醤油の和歌山ラーメン
今なら150円で味付けメンマも同梱

国産ラフランスを無添加のドライフルーツに仕上げました!
国産ラフランスを無添加のドライフルーツに仕上げました!

シャインマスカットを使用した贅沢な無添加のドライフルーツ
贅沢な国産ぶどうの干し蒲萄!無添加シャインマスカットドライフルーツ

メッセージゼリー
メッセージゼリー お配りものに。
梅ゼリーみかんゼリー感謝ありがとう

梅にんにく 無臭ニンニクだからにおわない!
スタミナたっぷり!梅にんにく
無臭にんにく使用でにおわない!

和歌山県産フルーツ使用のドレッシング
和歌山県産フルーツドレッシング!
新しい美味しさ

極低塩つぶれ梅
塩分たったの3%!
極低塩が嬉しいつぶれ梅。

ハローキティ立体ケーキ
ふみこ農園だけの逸品!
キティちゃんの立体ケーキ★

和歌山フルーツフィナンシェ プチギフトにぴったり!
5種類のフルーツフィナンシェが味わえる!プチギフトにおすすめスイーツ

敬老の日 ギフト 和菓子こだわりどら焼きときんつばセット
ギフト 和菓子セット
こだわりどら焼きときんつばセット

新鮮!こだわり卵
親鳥の飲み水、エサなど
すべてにこだわった究極の卵です!

成戸製麺所
創業 昭和25年。麺づくり一筋。
成戸製麺所

フードアクションニッポンアワード
フードアクションニッポンアワード
まるごと温州みかん100選に入賞

日本ギフト大賞
梅グラッセが日本ギフト大賞
和歌山賞受賞

ディスカバー農山漁村の宝
農林水産省主催「ディスカバー農山漁村の宝」に選定して頂きました。

森くんの梅にまつわる、うんちく小話
はじめまして 森です。よろしくお願い致します。
物流に愛を


最も東は東京都~西は山口県までだと僕は思っています。
東京~山口は言わば「安全地帯」です。


運送屋さんが、間違いなく発送日の翌日午前中までに配達してくれる
エリアの最東端~西端です。
「午前中」という指定がなく、翌日お届けならば、範囲はもっと広がります。

運送会社さん側からしたら「もっと遠くまで可能」という話が出てくるかもしれませんが、とりあえず僕はその範囲を絶対に信頼できるエリアとしてイメージしつつ、日々、受注の業務に就いています。
海を挟んで四国もエリア内です。信州~北陸となると、富山県、長野県までは大丈夫ですが、この時期、雪の影響があるので不安です。
(いくらなんでも雪や嵐には勝てません)

紀州ふみこ農園には毎日、数社の運送屋さんが出入りしています。
出荷する商品を、まず最寄りの集配センターまで輸送するために、数々のトラックが来ます。

その集荷の最終時間、だいたい午後6時半ぐらいです。
夏場なら、ほぼ7時ぐらいまで待ってくれることがあります。
午後7時といえば、夏場でも辺りは暗いです。夜間であり、一日の終わりです。

当然ながら、和歌山県から毎日商品出荷を行うわけで、和歌山を中心に考え、
何時頃出荷したらどこまでなら何時までに届くか、というのがかなり重要になってきます。
その、「翌日午前中に届く」地域の大掴みなイメージが東京~山口です。

午後7時に手元にあるものが翌日の朝には既に相手先のところにある、というのは
もう、「ご近所付き合い」だと思います。
その範囲が、(和歌山を中心に考えて)東京~山口とは。凄い。
荷物を遠方まで送る、という事には縁遠い人生を送ってきた自分がこの会社に来て、
最もカルチャーショックだったのが、日本の狭さでした。

人力で移動する訳じゃあるまいし、そりゃ行けるだろう、という話なのかもしれませんが、小さな送り状伝票1枚だけの情報で毎日、確実に、時間通りに、遠く離れた特定の一地点に指定通りに移動可能、というのは凄くないですか?
こんな和歌山の辺境の地から。

受注業務に不慣れな頃は、集荷に来てくれた運送屋さんに何回か聞き直したこともあります。
「今、夜の7時前ですけど、長野県に、明日の午前中、本当に着くんですか?」
「明日の午前中ですよ?」
「ここ、和歌山ですよ?」

運送屋さんは平然と「大丈夫ですよ?」と答えてくれました。
こいつは何がそんなに心配なのか、というような表情でした。

でも、考えてみればどんな交通機関を使っても移動は疲れます。
寝ているうちに運んでくれるならまだしも。自分で運転するなら尚更です。

雪深い地域や、イメージ的にとても遠い県などに翌日のお届け指定で出荷する際は、運送屋さんの苦労を思い、多少心が痛みます。
しかし物流のプロ達は、何食わぬ顔で淡々と出荷を引き受けてくれます。
荷物追跡システムもあり、伝票番号で、荷物がどういう状態にあるかも瞬時に検索可能です。
「それが当然」の現在は、便利な時代だなとつくづく思います。

とにかく日本の物流、トレーサビリティシステムのクオリティは素晴らしい、とそういう話でした。


<2012年2月18日 記>

ページトップへ