梅干し、あんぽ柿に梅うどん!紀州グルメの通販店 ふみこ農園

あんぽ柿、梅うどん、梅グラッセなどの梅スイーツにフルーツコンポートも♪

ご注文・お問い合わせはこちらから

フリーダイヤル 0120-14-2353 月~土曜日 9:00~17:00

楽天グルメ大賞2017 ゼリー部門 果実の宝石箱フルーツコンポート iTQi 7年連続三つ星受賞 Diamond Taste Award

  • 紀州南高梅
  • 梅加工品
  • あんぽ柿
  • 有田みかん
  • 和歌山フルーツ
  • 和歌山野菜
  • スイーツ
  • 立体ケーキ
  • パティスリー銀座千疋屋
  • 梅うどん、乾麺
  • 和歌山ラーメン
  • たまご調味料
  • 紀州特産品
  • 具材付冷凍麺
  • 多肉植物
  • 麺類いろいろ
  • 松茸土瓶蒸し
  • 紀州海の幸
  • 季節イベント
  • キャンペーン

果実の宝石箱 フルーツコンポートセット
楽天グルメ大賞3年連続受賞!
果実の宝石箱フルーツコンポート

敬老の日 人気商品!紀州無添加あんぽ柿
ギフト人気商品!
無添加!紀州自然菓あんぽ柿 送料無料 iTQiダイヤモンド味覚賞受賞

和歌山の新生姜
和歌山の新生姜 ご予約開始!
朝、採れたて新鮮な新生姜

美味しいスイカ ひとりじめ
美味しい小玉スイカ!ひとりじめスイカ ご予約開始!

紀州梅うどん、さっぱりしこしこ美味しい夏麺
紀州南高梅肉を練り込んだ生めんの梅うどん!専用つゆ付

紀州無添加あんぽ柿
爽やかさ、香り立つ!
紀州梅そうめん 全国送料無料

和歌山ラーメンコシのある韓国冷麺に梅を乗り込んだ爽やかな美味しさ!つゆも絶品!

和歌山県協力商品!わかやま
和歌山県協力商品!キラキラジュレまで美味しいわかやまポンチセット

紀州フルーツ甘酒セット
甘酒 ノンアルコール 米糀 紀州フルーツ甘酒6本セット 送料無料!

五感で楽しむ新しい和菓子!フルーツ大福
五感で楽しむ新しい和菓子!目にも楽しい彩りフルーツ大福

在宅応援!ごちそうおうちごはん!簡単時短
具材全てセット!おうちで簡単!ごちそう冷凍麺9種 送料無料

元祖!和歌山ラーメン 濃厚豚骨醤油の美味しいラーメン
濃厚!豚骨醤油の和歌山ラーメン
今なら150円で味付けメンマも同梱

国産ラフランスを無添加のドライフルーツに仕上げました!
国産ラフランスを無添加のドライフルーツに仕上げました!

シャインマスカットを使用した贅沢な無添加のドライフルーツ
贅沢な国産ぶどうの干し蒲萄!無添加シャインマスカットドライフルーツ

メッセージゼリー
メッセージゼリー お配りものに。
梅ゼリーみかんゼリー感謝ありがとう

梅にんにく 無臭ニンニクだからにおわない!
スタミナたっぷり!梅にんにく
無臭にんにく使用でにおわない!

和歌山県産フルーツ使用のドレッシング
和歌山県産フルーツドレッシング!
新しい美味しさ

極低塩つぶれ梅
塩分たったの3%!
極低塩が嬉しいつぶれ梅。

ハローキティ立体ケーキ
ふみこ農園だけの逸品!
キティちゃんの立体ケーキ★

和歌山フルーツフィナンシェ プチギフトにぴったり!
5種類のフルーツフィナンシェが味わえる!プチギフトにおすすめスイーツ

敬老の日 ギフト 和菓子こだわりどら焼きときんつばセット
ギフト 和菓子セット
こだわりどら焼きときんつばセット

新鮮!こだわり卵
親鳥の飲み水、エサなど
すべてにこだわった究極の卵です!

成戸製麺所
創業 昭和25年。麺づくり一筋。
成戸製麺所

フードアクションニッポンアワード
フードアクションニッポンアワード
まるごと温州みかん100選に入賞

日本ギフト大賞
梅グラッセが日本ギフト大賞
和歌山賞受賞

ディスカバー農山漁村の宝
農林水産省主催「ディスカバー農山漁村の宝」に選定して頂きました。

森くんの梅にまつわる、うんちく小話
はじめまして 森です。よろしくお願い致します。
みかんの甘さ


一概に「有田みかん」といいますが、皆様は有田みかんに
どのようなイメージを持たれていますでしょうか。
もし「甘い」というイメージであれば、地元民にとって喜ばしいことです。

ここ和歌山県有田地方はみかんどころです。
有田在住で「農業を仕事にしている」人と言えば、ほぼみかん農家と言って良いほどです。

今回はそんなみかんの甘さについて、所見を書きたいと思います。


有田は見渡す限り基本的に山しかないのですが、大部分がみかん畑として農地活用されております。

夏も終わりに近づくと有田地方の山々にとある変化が見られます。
みかん畑内に踏み入ると、足元に無数の青い実が転がっているのです。
それは到底、まだまだみかんとは呼べない、スーパーボール程度の大きさのみかんの若い実です。

これは撤果、つまり、実が付き過ぎたみかんの枝からよけいな実を延々と千切って落とした跡なのです。
一本の枝にたくさん実が付きすぎると養分が分散され、一粒ずつの糖度が落ちてしまいます。
そのため、余計な分を捨てる作業が必要なわけです。

この撤果作業は真夏の暑さが厳しい時期に行われます。
みかん農家の皆さんは脱水症状と戦いながら
みかんを甘くするために黙々とみかんを千切り続けます。

みかん農家の甘さへの追求は並々ならぬものがあります。

私の知っている撰果場では、みかんの糖度で等級と値段が厳しくランク分けされ、持ち寄ったみかんの果汁で糖度を測っていました。
当然のことですが甘いみかんを多く生産できる家ほど尊敬と収入を得ることができます。

不正を防ぐため、トラックに高く積まれたコンテナの何段目をサンプルとして糖度計測するか、サイコロをふって決めていました。

年の瀬の寒さ厳しい撰果場で、自分が作ったみかんにどんな評価が下されるか見守る農家さん達の表情からは、ある種殺伐とした雰囲気が漂っていました。

TPPへの参加表明がなされ、消費者にも観察眼を養う必要性がますます求められてくる昨今、
食品においてその良質さに比例するのは生産者の誇りであると思います。



<2011年11月19日 記>

ページトップへ