梅干し、あんぽ柿に梅うどん!紀州グルメの通販店 ふみこ農園

あんぽ柿、梅うどん、梅グラッセなどの梅スイーツにフルーツコンポートも♪

ご注文・お問い合わせはこちらから

フリーダイヤル 0120-14-2353 月~土曜日 9:00~17:00

楽天グルメ大賞2017 ゼリー部門 果実の宝石箱フルーツコンポート iTQi 7年連続三つ星受賞 Diamond Taste Award

  • 紀州南高梅
  • 梅加工品
  • あんぽ柿
  • 有田みかん
  • 和歌山フルーツ
  • 和歌山野菜
  • スイーツ
  • 立体ケーキ
  • パティスリー銀座千疋屋
  • 梅うどん、乾麺
  • 和歌山ラーメン
  • たまご調味料
  • 紀州特産品
  • 具材付冷凍麺
  • 多肉植物
  • 麺類いろいろ
  • 松茸土瓶蒸し
  • 紀州海の幸
  • 季節イベント
  • キャンペーン

果実の宝石箱 フルーツコンポートセット
楽天グルメ大賞3年連続受賞!
果実の宝石箱フルーツコンポート

敬老の日 人気商品!紀州無添加あんぽ柿
ギフト人気商品!
無添加!紀州自然菓あんぽ柿 送料無料 iTQiダイヤモンド味覚賞受賞

和歌山の新生姜
和歌山の新生姜 ご予約開始!
朝、採れたて新鮮な新生姜

美味しいスイカ ひとりじめ
美味しい小玉スイカ!ひとりじめスイカ ご予約開始!

紀州梅うどん、さっぱりしこしこ美味しい夏麺
紀州南高梅肉を練り込んだ生めんの梅うどん!専用つゆ付

紀州無添加あんぽ柿
爽やかさ、香り立つ!
紀州梅そうめん 全国送料無料

和歌山ラーメンコシのある韓国冷麺に梅を乗り込んだ爽やかな美味しさ!つゆも絶品!

和歌山県協力商品!わかやま
和歌山県協力商品!キラキラジュレまで美味しいわかやまポンチセット

紀州フルーツ甘酒セット
甘酒 ノンアルコール 米糀 紀州フルーツ甘酒6本セット 送料無料!

五感で楽しむ新しい和菓子!フルーツ大福
五感で楽しむ新しい和菓子!目にも楽しい彩りフルーツ大福

在宅応援!ごちそうおうちごはん!簡単時短
具材全てセット!おうちで簡単!ごちそう冷凍麺9種 送料無料

元祖!和歌山ラーメン 濃厚豚骨醤油の美味しいラーメン
濃厚!豚骨醤油の和歌山ラーメン
今なら150円で味付けメンマも同梱

国産ラフランスを無添加のドライフルーツに仕上げました!
国産ラフランスを無添加のドライフルーツに仕上げました!

シャインマスカットを使用した贅沢な無添加のドライフルーツ
贅沢な国産ぶどうの干し蒲萄!無添加シャインマスカットドライフルーツ

メッセージゼリー
メッセージゼリー お配りものに。
梅ゼリーみかんゼリー感謝ありがとう

梅にんにく 無臭ニンニクだからにおわない!
スタミナたっぷり!梅にんにく
無臭にんにく使用でにおわない!

和歌山県産フルーツ使用のドレッシング
和歌山県産フルーツドレッシング!
新しい美味しさ

極低塩つぶれ梅
塩分たったの3%!
極低塩が嬉しいつぶれ梅。

ハローキティ立体ケーキ
ふみこ農園だけの逸品!
キティちゃんの立体ケーキ★

和歌山フルーツフィナンシェ プチギフトにぴったり!
5種類のフルーツフィナンシェが味わえる!プチギフトにおすすめスイーツ

敬老の日 ギフト 和菓子こだわりどら焼きときんつばセット
ギフト 和菓子セット
こだわりどら焼きときんつばセット

新鮮!こだわり卵
親鳥の飲み水、エサなど
すべてにこだわった究極の卵です!

成戸製麺所
創業 昭和25年。麺づくり一筋。
成戸製麺所

フードアクションニッポンアワード
フードアクションニッポンアワード
まるごと温州みかん100選に入賞

日本ギフト大賞
梅グラッセが日本ギフト大賞
和歌山賞受賞

ディスカバー農山漁村の宝
農林水産省主催「ディスカバー農山漁村の宝」に選定して頂きました。

森くんの梅にまつわる、うんちく小話
はじめまして 森です。よろしくお願い致します。
梅みそ開発


先日、「梅みそ」という商品の開発に参加してきました。

「梅みそ」は甘味噌に梅肉を練り込んだ、梅の風味が香る、そのまま食せる調味料です。

開発、とは言っても、梅みそ自体のレシピは以前から完成しており、パウチ(※キャップ式のフタが付いた袋状の容器。従来、ジュース商品の容器として使用。)に炊き上がった「梅みそ」を封入する作業に従事してきた、というのが正確なところです。

ただ、パウチへの封入という作業は初めての試みで、「梅みそを、どのようにしてパウチに詰めるか?」という意味での「商品開発」ではありました。

午後、梅みそを炊く工場に出向いた頃には、約40リットル程の梅みそが、釜の中で湯気を上げていました。
工場にはもともと、スイッチ一つでジュースをパウチに注入できる専用の機械があるのですが、「梅みそ」の場合、液体のジュースに比べ粘度が高すぎるため、その機械が使用できない、という大きな壁がそのとき我々の前に立ちはだかったのです。

この打開策としてまず考案されたのが、小さな「じょうご」を使い、一つずつ手作業でパウチに梅みそを注ぎ込む、という方法でした。
しかし我々は梅みその粘度を甘く見ていたのです。
あの絶妙なトロミは、じょうごの筒の部分をそうやすやすとは突破していきません。
残念なことに、1パウチ180mlを詰めるのに十数分費やす、という絶望的な結果を叩き出すに至りました。

目の前の釜には、約40リットル超の梅みそが控えています。

くじけない我々が次に考え出したのは、灯油などを汲み出す際に使用する、手動のポンプ(赤い提灯みたいなのが付いたやつ)の導入でした。
ポンプ(勿論未使用の新品)を釜の中に突っ込み、梅みそを吸い上げたまでは良かったのですが、見事にチューブの途中でつまってしまいました。

またもや我々は梅みその粘度を甘く見ていたのです。
結果、期待を込めて、備品棚の奥深くから引っ張り出してきた手動ポンプは何の成果も挙げないまま廃棄処分されることと相成りました。

見かねた社長が
「ラー油を入れる容器を買ってくるので、それでパウチへの注入を行いなさい」
と言い残し、颯爽と飛び出して行きました。


ラー油を入れる容器・・・?
我々の頭に浮かんでいたのは、頭のボタンをワンプッシュする度に数滴のラー油が搾り出される、あの小さな瓶でした。

アレで40リットルをパウチ詰めしろ、ということか?

我々が徹夜を覚悟したそのときでした。
帰ってきた社長が購入していたのは、正しくはラー油ではなく、「餃子のタレ」を
入れておく容器でした。詳しく言えば、お好み焼屋のマヨネーズの入れ物、つまり
口の細い、搾り出せるタイプの調味料入れでした。
由々しき事態に直面し、さすがの社長も言い間違えたのでしょう。

それは確かに画期的なアイテムの登場ではありましたが、2パウチ詰めるごとに「餃子のタレ入れ」は空になり、その度に梅みそを補充せねばならず、少しでも気を許せば熱々の梅みそが我々の手のひらに襲いかかるという、厄介な側面を持った代物でもあったのです。

結局、4時間強を費やし、我々は軽い火傷と共に梅みそをパウチへ詰め終えました。

商品そのものは絶えず目の前にあるのに、ただ容器に移すことだけが出来ないというもどかしさ。
我々のそんな思いがつまった「梅みそ」は、少し滑稽なほど甘酸っぱい味が
するはずです。

(ちなみに専用の機械の導入で、今後は労力も時間も飛躍的に効率アップするみたいです。)



<2011年10月5日 記>

ページトップへ