梅干し、あんぽ柿に梅うどん!紀州グルメの通販店 ふみこ農園

あんぽ柿、梅うどん、梅グラッセなどの梅スイーツにフルーツコンポートも♪

ご注文・お問い合わせはこちらから

フリーダイヤル 0120-14-2353 月~土曜日 9:00~17:00

楽天グルメ大賞2017 ゼリー部門 果実の宝石箱フルーツコンポート iTQi 7年連続三つ星受賞 Diamond Taste Award

  • 紀州南高梅
  • 梅加工品
  • あんぽ柿
  • 有田みかん
  • 和歌山フルーツ
  • 和歌山野菜
  • スイーツ
  • 立体ケーキ
  • パティスリー銀座千疋屋
  • 梅うどん、乾麺
  • 和歌山ラーメン
  • たまご調味料
  • 紀州特産品
  • 具材付冷凍麺
  • 多肉植物
  • 麺類いろいろ
  • 松茸土瓶蒸し
  • 紀州海の幸
  • 季節イベント
  • キャンペーン

果実の宝石箱 フルーツコンポートセット
楽天グルメ大賞3年連続受賞!
果実の宝石箱フルーツコンポート

敬老の日 人気商品!紀州無添加あんぽ柿
ギフト人気商品!
無添加!紀州自然菓あんぽ柿 送料無料 iTQiダイヤモンド味覚賞受賞

和歌山の新生姜
和歌山の新生姜 ご予約開始!
朝、採れたて新鮮な新生姜

美味しいスイカ ひとりじめ
美味しい小玉スイカ!ひとりじめスイカ ご予約開始!

紀州梅うどん、さっぱりしこしこ美味しい夏麺
紀州南高梅肉を練り込んだ生めんの梅うどん!専用つゆ付

紀州無添加あんぽ柿
爽やかさ、香り立つ!
紀州梅そうめん 全国送料無料

和歌山ラーメンコシのある韓国冷麺に梅を乗り込んだ爽やかな美味しさ!つゆも絶品!

和歌山県協力商品!わかやま
和歌山県協力商品!キラキラジュレまで美味しいわかやまポンチセット

紀州フルーツ甘酒セット
甘酒 ノンアルコール 米糀 紀州フルーツ甘酒6本セット 送料無料!

五感で楽しむ新しい和菓子!フルーツ大福
五感で楽しむ新しい和菓子!目にも楽しい彩りフルーツ大福

在宅応援!ごちそうおうちごはん!簡単時短
具材全てセット!おうちで簡単!ごちそう冷凍麺9種 送料無料

元祖!和歌山ラーメン 濃厚豚骨醤油の美味しいラーメン
濃厚!豚骨醤油の和歌山ラーメン
今なら150円で味付けメンマも同梱

国産ラフランスを無添加のドライフルーツに仕上げました!
国産ラフランスを無添加のドライフルーツに仕上げました!

シャインマスカットを使用した贅沢な無添加のドライフルーツ
贅沢な国産ぶどうの干し蒲萄!無添加シャインマスカットドライフルーツ

メッセージゼリー
メッセージゼリー お配りものに。
梅ゼリーみかんゼリー感謝ありがとう

梅にんにく 無臭ニンニクだからにおわない!
スタミナたっぷり!梅にんにく
無臭にんにく使用でにおわない!

和歌山県産フルーツ使用のドレッシング
和歌山県産フルーツドレッシング!
新しい美味しさ

極低塩つぶれ梅
塩分たったの3%!
極低塩が嬉しいつぶれ梅。

ハローキティ立体ケーキ
ふみこ農園だけの逸品!
キティちゃんの立体ケーキ★

和歌山フルーツフィナンシェ プチギフトにぴったり!
5種類のフルーツフィナンシェが味わえる!プチギフトにおすすめスイーツ

敬老の日 ギフト 和菓子こだわりどら焼きときんつばセット
ギフト 和菓子セット
こだわりどら焼きときんつばセット

新鮮!こだわり卵
親鳥の飲み水、エサなど
すべてにこだわった究極の卵です!

成戸製麺所
創業 昭和25年。麺づくり一筋。
成戸製麺所

フードアクションニッポンアワード
フードアクションニッポンアワード
まるごと温州みかん100選に入賞

日本ギフト大賞
梅グラッセが日本ギフト大賞
和歌山賞受賞

ディスカバー農山漁村の宝
農林水産省主催「ディスカバー農山漁村の宝」に選定して頂きました。

森くんの梅にまつわる、うんちく小話
はじめまして 森です。よろしくお願い致します。
青梅のについて



幼い頃、梅の木に青梅がなっていて、すごく甘い匂いがするのでずっと眺めていたら、その度に祖母から「青梅には毒があるので食べてはいけない」と強く言われました。

祖母はさっぱりした性格で、自分が主張したことを相手に伝え終えてしまうと、それ以上質問はお断り、というような人でした。
けれど「知らない」とか、「分からない」など、小さい孫の質問に対して敗北を示すような態度は意地でもとらない人でした。

「じゃあ、梅干も毒がある食べ物なのか?」というような質問をすると、
「あれは塩で解毒するから大丈夫や」みたいな、よく分からない答えを面倒臭そうに返されたのを覚えています。

「梅は塩で解毒しなかったら、絶対に毒があるものなのか?」
と聞けば「そうや!!」と、少し苛立たしげに答えてくれました。

「それなら梅の花や木にも毒があるの?」
「花と木、食う奴はおらん」みたいな。うろ覚えですが。

(実際、未熟な青梅は「アミグダリン」なる毒性の物質を含有するそうで、この物質自体は危険なものらしいですが、一粒ずつに含まれる量はわずかで大量摂取しなければ中毒症状を引き起こす可能性は低い、そうです。)


秋も深まったそんなある日、衝撃的なものを見ました。
祖母が食べてはいけないと教えてくれたその梅の木の枝に、カエルやらトカゲやらサワガニやら数匹が、無惨にぶらさがって死んでいたのです。
幼い僕の目には確実に、件の「青梅の毒」の犠牲者として映りました。
おそらく、小動物は木に近づくだけでもその毒にやられてしまうのだと。

「梅、こわー・・・」と心の底から思ったものでした。


今考えるに、真相は「もずのはやにえ」でした。

ご存知の方も多いでしょうが、「もずのはやにえ」は「もず」という愛らしい小鳥の習性で、捕まえてきたエサとなる小動物を木の枝などに目立つ場所に引っ掛けて干物にしておくのです。
なぜそんなことをするのか?ですが、冬場の食料を備蓄するため、という学説があります。
しかし冬になっても食べに戻ってこず、そもそも食糧の備蓄ならもっと見つかりにくい場所に隠すのが妥当で、本当の理由はいまだ解明されていないそうです。

ちなみに、亡くなった祖父は「オスが、メスを呼ぶためのもんや」と言ってました。
大きい獲物で作った干物の傍には、よく、もずがつがいで飛び跳ねていたそうです。

今さらながら、「一理あるかも」と思います。



<2011年8月25日 記>

ページトップへ