歴史

1877年「大日本山梨葡萄酒会社」創立

メルシャンの源流ともいえる「大日本山梨葡萄酒会社」は1877年に創立され、
ここに国産ワインの幕開けが告げられました。今から130年以上も前の事です。

1949 「メルシャン」誕生

本格ワイン(※)の戦後第一号ブランド「メルシャン」が生まれたのが1949年。
これを契機とし、メルシャンは世界に認められる日本のワインを造り上げることに取り組んできました。

※甘味料等を混ぜずに造られたワインを本格ワインと定義しています。

1966年「メルシャン1962(白)」国際ワインコンクール 金賞

1966年に「メルシャン1962(白)」が国際ワインコンクールでわが国初の「金賞」を受賞。それは世界が日本のワインを認めた瞬間であり、明治から脈々と息づくワイン造りへの情熱が結実した時でした。

1970年「シャトー・メルシャン」誕生

1970年に日本のワイン造りの正統なる後継者として「シャトー・メルシャン」が誕生。
本格的に、日本のファインワイン造りの歴史が始まりました。

1976年「桔梗ヶ原」でメルロー栽培

1976年には「桔梗ヶ原」で欧州系のブドウ品種、メルローの栽培に着手しました。

1984年「城の平」でカベルネ・ソーヴィニヨン栽培

1984年には自社農園である「城の平」でカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に着手しました。 城の平ではフランス式垣根仕立てでの栽培に挑戦。日本でのブドウ栽培は棚でなければできないという、それまでの常識を打ち破り、ブドウ栽培の新たな方向性を示唆するものでした。

1990年「北信」で垣根仕立て栽培、棚仕立て栽培

日本の風土の個性を活かしたワイン造りへの先駆的な挑戦は開花期を迎え、シャトー・メルシャン・シリーズは世界の名だたるワインコンクールで数々の金賞などを受賞するまでに成長しました。

2003年自社栽培畑「マリコ・ヴィンヤード」植栽

1970年に日本のワイン造りの正統なる後継者として「シャトー・メルシャン」が誕生。
本格的に、日本のファインワイン造りの歴史が始まりました。











シャトーメルシャン・フラッグシップワイン

桔梗ヶ原メルロー

1976年からメルロー品種の植栽を始め、1985年産の初ヴィンテージの誕生以来、『桔梗ヶ原メルロー』は日本を代表する赤ワインの一つとして評価されてきました。
華やかな香りが時間とともに広がり、繊細な味わいの中に厚みと力強さを感じさせるワインです。

ワイン・スペクテーター誌初掲載の日本ワイン

ワイン・スペクテーター誌初掲載の日本ワイン 国際的ステータスを誇る桔梗ヶ原メルローのさらに厳選されたキュヴェからつくられる特別な 『桔梗ヶ原メルロー』は 「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス2009」に 9回目、日本で唯一招待されました。
(出展ワインはヴィンテージ2004年)

受賞

  • ワイン・スペクテイター誌82点(2005年ヴィンテージ)
  • ワイン・スペクテイター誌83点(2004年ヴィンテージ)

城の平カベルネ・ソーヴィニヨン

1984年、メルシャンは勝沼町に所有する自社畑『城の平』で、垣根式によるカベルネ・ソーヴィニヨン品種の栽培を始めました。
徹底した栽培管理を行う『城の平』の各区画の中でも優れた区画のブドウを醸造、さらに厳選されたキュヴェ(樽別のワイン)から造られる、造り手の夢と情熱を注ぎ込んだワインです。

日本で初めて本場ボルドーのワインコンクールで金賞受賞

「城の平」のぶどう畑は、山梨県甲府盆地の東端の標高は550~600mにあり、粘土質の土壌で、その面積は約10haです。
勝沼の平地に比べると、朝夕の寒暖差は大きく、ブドウの成熟のための最適な条件を備えています。 畑は穏やかな斜面に広がり、日照量も豊富で、風通しもよいため、病害虫の発生が少ないのが特長です。

受賞

  • 2009年国産ワインコンクール金賞受賞
    (2005年ヴィンテージ)(欧州品種 赤 カテゴリー)
  • 2010年国産ワインコンクール銀賞受賞
    (2006年ヴィンテージ)(欧州品種 赤 カテゴリー)

シャトー・メルシャン北信シャルドネ2011年

長野県北部千曲川流域の北信地区(須坂市、高山村、長野市)に所在する、垣根仕立ての畑のシャルドネ品種を醸造・育成した、シャトー・メルシャン最高峰の白ワインです。
区画ごとに発酵を行い、各地区の特徴をバランスよくブレンド。砂礫質の右岸からは深みと力強さ、粘土質の左岸からはトロピカルな華やかさが与えられた、バランスの良い複雑な味わいの白ワインです。

コメント

輝きのある金色。フレッシュな酸味とレモンやグレープフルーツのような柑橘香の中にナッツやヴァニラのようなオーク樽由来の香りがバランスよく溶け込んでいる。アンズや黄桃など熟した果実を連想させるとともに、酵母由来の旨み、複雑味、厚みもあり、上品な味わい。また今後の瓶熟成により味わいの深化も期待できる。 白身魚のムニエルや焼き魚、天ぷら、鴨肉のローストなど。

受賞

  • 2012年第10回国産ワインコンクール金賞受賞
    (欧州系品種 白 カテゴリー) (2011年ヴィンテージ)
  • 国際ワインコンクール「レ・シタデル・デュ・ヴァン2010」 金賞(TROPHEE CITADELLE)受賞 特別賞(PRIX SPECIAL PAYS)受賞 (2008年ヴィンテージ))

リュブリアーナ国際ワインコンクール

シャトーメルシャン桔梗ヶ原メルロー はリュブリアーナ国際ワインコンクール で、
グランド・ゴールド・メダル獲得 国際的なワインコンクールで日本のワインが 受賞したのは快挙。

それから度々国際的なワインコンクールで大金賞を受賞しています。

各種コンクール情報、受賞情報はコチラから

米国ワイン専門誌が主催するワインイベント「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス2013」に今年も日本で唯一「シャトー・メルシャン」が選抜招待!
最近の受賞情報(国産ワインコンクール)