index






使い込むことで風合いの変化を楽しめるリネン。
通気性がよくて吸汗性と速乾性が高く、蒸し暑い日本の夏の気候にぴったりの素材です。

原料である麻は、強い植物のため農薬の必要がなく、本当の意味でオーガニックであることも特徴です。

ひと言でリネンと言っても、産地や生地の厚み、織り方などによりさまざま。さらに製品染めや洗いなどの加工を施すことで、素材自体の質感を大きく変える事ができるのもリネンの面白さです。










品質の良いリネンで知られるフランス産のリネン。

フランス北部で栽培された麻が原料になったリネンをフレンチリネンと呼びます。涼しい気候と豊富な水に恵まれたフランス北部で栽培された亜麻から高品質のリネン生地が作られます。






細い糸で薄手リネンでも透けにくい。
ウォッシュ仕上げでフワっと空気を含んだ優しい肌触り。汗をスッと吸ってくれる。











ほどよい張り感の残るウォッシュ仕上げ。BIOウォッシュでやや色褪せた感じの風合いが自然な感じ。裏地なしでもチクチクしないし、透け感の心配もなし。











ボトムスに適した普通地リネン。
糸が細く目が詰まったリネンにBIOウォッシュを掛けることで、ふっくらとした柔らかな質感です。















フランダース地方を中心に1350年頃から良質なリネンづくりを続けるのがベルギーです。

ベルギーリネンはヨーロッパリネンの中でも、何百年というリネン産業の長い伝統があり、コルトレイクリネンなどもベルギーリネンの一種で、高級リネンとして知られています。






中厚手の上質なベルギーリネンに製品洗いを施すことで、上品さを損ねることなく全体にナチュラルなシワ感が表現されています。















バルト海に面したバルト3国のひとつで、ヨーロッパの北東に位置するリトアニア。

原料である亜麻の栽培から紡績、生地の生産、製品の製造までを行うリネン繊維業は、国土が狭く比較的大きな産業が少ないリトアニアの主要産業のひとつ。国内には大小のリネン工場がたくさん存在します。






fogのリネンは上品な艶が特徴です。お洗濯をすると張り感が蘇り、製品洗いを施した柔らかなリネンとは異なるパリっとしたリネンが好きな方に。











fogの厚地リネンは、糸が太めでザックリとした質感が特徴です。
ネップが多めに出ていてナチュラル感ただよう風合いは、風通しが良くて涼しい。















リネンのナチュラルな畝と、レーヨンの上品な艶と落ち感がミックスした、 リネン55%レーヨン45%の平織り生地。
平織りでストレッチは入っていませんが縦方向に伸縮性があり、糸が細く目の詰まった生地なので1枚仕立てでも透け感はほとんど無く、水洗いが可能なので夏も安心して着られます。






リネンのナチュラル感にレーヨンの美しい落ち感がプラスされた素材。
生地は普通地くらいの厚みで密度高く織られているので透け感の心配なし。











リネンレーヨンの落ち感の美しさが最大限に活かされるロング丈のワンピース。 ゆったりシルエットも落ち感のお陰で膨らみ過ぎないから扱いやすい。