J41 / J42J41/J42チェア

by HAY

J41 / J42

Relaunched Maestro

1940年代にデザインされた
デンマークデザインの名作チェアがHAYによって復刻。

新たに復活した名作チェア

Yチェアで有名なハンスJ ウェグナーと並び
デンマークデザイン界で賞賛される、
ボーエ・モーエンセン(Børge Mogensen)。
そんな彼が初代企画デザイン担当責任者として活躍した
FDB mobler社(デンマーク協同組合連合会)。
そのFDBにて彼自身がデザインを手がけた
名作チェア、J41、J42を新たにHAYが復刻しました。

もともとFDBから「庶民の為の家具を造ってほしい」という
依頼を受けて彼がデザインしたチェアたち。
見た目の美しさだけでなく、その実用性と手頃な価格という
全てを兼ね揃えたのが、このHAYで復刻されているJシリーズ
決して「安い椅子」ではないけれど、
他のデンマークデザインの椅子と比べれば、
そのリーズナブルさはHAYになった今でも一目瞭然。

ダイニングチェアとしても、インテリアとしても
様々な空間に馴染むデンマークの名作チェア。
まずは1脚欲しい。

安心感のある座り心地

やっぱり椅子は座るものなので
デザイン性も重視したいところですが、その座り心地も重要。
長時間座っていられるか?リラックスできるのか?
そんなところも気になりますよね。
J41とJ42はわりと座面に奥行きがあるので、座り心地はゆったりめ。
どちらの椅子も背もたれの角度とカーブが
程よく身体にフィットするので、見た目以上に快適です。

J41は座面の奥行きはありながらも、
横幅は割とコンパクトなので、ダイニングでの使用がおすすめ。
長く座っていたくなる、安定した座り心地は
食事中の会話も弾みそうですね。

それに比べてJ42は横幅も奥行きもあってゆったり。
しかもこちらはアームレスト付き。
ダイニングで使うのも良いですが、
サイドテーブルや本棚の横にインテリア感覚で置いて、
読書やティータイムなど、一人で寛ぐ癒しの時間にぴったり。

デザイン性のあるチェアは
「座る」という椅子本来の使い方以外にも
玄関や寝室などで、サイドテーブル代わりにも。
自分らしい使い方を見つけてくださいね。

J77・J104との違い

同じくFDBの復刻シリーズであるJ77とJ104
その2つと比べると、このJ41とJ42の方がお値段も少し高い。
なぜだろう?ちゃんと理由があります。
1つは組み立てが不要ということ。J77とJ104は脚のみを後からとりつける組み立て式ですが、J41とJ42は箱から出したらすぐに座れます。
そしてもう1つはこの脚元。4本脚を支える貫(ぬき)があるんです。
これがあることによって強度が増すので、より安定感があると思います。
ちなみに、J77とJ104とは異なり、J41とJ42はナチュラルの方が色付きのホワイトやブラックよりもお値段が高い!それはナチュラルだけオーク材を使用しているからなんです。(他は全てビーチ材を使用しています。)

J41 / J42

ブランドHAY / ヘイ
デザインBørge Mogensen / ボーエ・モーエンセン
材質ビーチ / オーク(ナチュラルのみ)
生産made in DENMARK

画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。
天然の素材を使用しているため、木目や風合いには個体差がございます。
組み立ては不要です。
ナチュラルタイプはマットラッカー仕上げです。

※使用上の注意点
基本的に椅子の脚は、上方向からの加重に耐えるように作られている為、横方向からの加重には弱い構造になっております。椅子の上に立つ、片一方に加重をして片一方の脚を浮かせるなどのご使用方法を行いますと、通常よりも早くダメージを受ける可能性がございますので十分にご注意下さい。

※納期について
国内在庫がある場合は1~2週間でお届けが可能です。
国内在庫が無い場合は2~3ヶ月かかる場合がございますので、ご了承くださいませ。お急ぎの方はご連絡くださいますようお願いいたします。

基本的に全てお取り寄せ商品となりますため、ご入金確認後の発注となります。 入金確認後はキャンセルができませんのでご了承下さい。 メール送信後、7日以内にご入金いただけない場合には、自動的に注文がキャンセルとなります。