ferm LIVING


フェミニンでユニークな
北欧のトータルインテリア

ferm LIVING(ファームリビング)は、雑貨、テキスタイル、家具などの
幅広いプロダクトを取り揃えた、インテリアのトータルブランドです。
デンマークのオーフスという街で、デザイナーでありブランド創立者でもあるTrine Andersen(トゥリーネ・アンデルセン)によって、
2006年に設立されました。
ロゴに佇む鳥は、Trineの夢に現れた彷徨う鳥。
Trineはその鳥を見たことで自分の進むべき道を見い出し、
「ferm LIVING」の設立を決意。夢を実現します。
その鳥の向かうべき場所はferm LIVINGのロゴの上だったのです。
Trineの夢を実現へと導いた鳥は、ブランドのアイコンになりました。

Trineがデザインするプロダクトは、昔ながらの北欧デザインに
沿いながらも現代的な表現で作り出されています。
古典と現代のデザインを融合し、「今」必要なアイテムを作り出すー
そのアイテムはどこかフェミニンで、カラーリングは温かみがあり、
シンプルで機能的。その中に存在する北欧らしいユニークさが
どのインテリアにも取り入れやすく、かつアクセントになります。

ナチュラルな素材を使い、伝統的な職人技で細部までこだわって
作られたアイテムの数々。日々の生活の中で見落としてしまう
小さなことにも誠実に向き合い、豊かな気持ちになれるものばかりです。
「使う人のため」を想った真摯な姿勢。環境を配慮し、与える影響を
最小限に抑えた厳選の素材を用いてクリーンなもの作りに努めています。

日本ではキッズラインが中心でしたが、
大々的なホームコレクションの展開は日本初。
デンマーク本国で人気の「ワイヤーバスケット」や
「プラントボックス」など、日本のインテリアにも相性の良いものから
デザイン大国デンマークらしい、ユニークなアイテムを
リリースしていきます。
日々の暮らしにferm LIVINGのエッセンスを取り入れて
豊かなライフスタイルの実現をー それがブランドの願いです。