Plateプレート

by 1616 / ARITA JAPAN

Plate

Eat Beautifully

食事の時間をより良くするために、
全てが計算しつくされたかの様な、シンプルで美しいデザインが特徴的。
400年の伝統を誇る有田焼から誕生した新しい有田焼です。

食べるために考えること

食器を買うにあたって、みなさんが考えることって何でしょう?
 値段、サイズ、カラー
おそらく多くの人がこの3点を考えますよね?
食器はできれば揃えて買いたい。それにはお手頃な値段が必要。
食器とひとことで言っても、
取り皿にする小皿、料理を乗せる大皿など種類も豊富。
食器の収納も気になりますよね。
そしてカラー。どんな料理が映えるのか?
色が濃い食器だと、日常使いは難しいかな。
とか、考えることがいっぱいあると思います。
さらに欲を言えば、「質」も考えたいですね。
もちろん私たちも使う前には色々考えます。
特に食べること・作ることが大好きだからこそ、
より楽しく、おいしく、美しく食べるためにすごく考えます。

そんな中見つけた1616 arita japan。
スタンダードシリーズの角皿は、
一見「よくありそうな白皿」に見えますが、
食器を買うときの条件を全て満たしてくれていて、
みんなに薦めたくなる、スペシャルなお皿でした。笑

毎日繰り返される食事の時間をより良いものにするために、
この食器は一役買ってくれる気がします。

食器といえば白?

白い角皿は本当に何にでも使えます。
何にでも使えるということは1日中使えるということ。
Sサイズは醤油さしやお新香に。
Mサイズはティータイムのスイーツや取り皿として。
Lサイズはメインディッシュを乗せたり、ワンプレートランチに。
写真の様に、MサイズにSサイズを重ねて、
ソースやタレを置くのもおすすめ。
サイズ違いでも、きれいにスタッキングできるからこそなせる業です。
卓上もすっきり見せることができますよね。

「やっぱり食器は白でしょ!」と思う方が多くいると思います。
白はどんなお料理も映えますし、間違いなく使いやすいですよね。
だから私たちも白い食器を選びました。
だけど、一つでも色のついた食器があると、
食卓が一気に華やかになるし、
特徴があるものは、食べる人の印象にも残りますよね。
このブルーの大皿はまさにインパクトを与えてくれる器だと思います。
正直使ってみるまでは、
ブルーのお皿で料理がおいしく見えるのか不安でした。
使える料理も限られてしまうのではないかな、と。
ですが使ってみてびっくり。
野菜もお肉もお魚もどれもおいしそうに見えました。
特にサラダはおススメです。
よく考えたら青い食べ物ってないですよね。
だから、青い食器は食材と色がかぶらないんだ!
なんて、私は心の中で前向きに思いました。笑

1616 / arita japan に共通して言えることは、
使う人が考えれば考えるほど使えるデザインだということ。
みなさんのアイディアで使い道を広げてみてください。

TEXT:アカネ

美しく収納

料理を盛っている時だけでなく、収納している時も美しいのがこのスクエアプレート。S、M、Lサイズが異なってもピタッと重なる感じが気持ちいい。一般的には円形のプレートの方が多いですが、四角皿はより無駄なスペースがなく収納できるのも嬉しいところ。高台が無い分、収納時の高さも抑えられます。

プラッターの使い方

プラッターと言われてもあまりピンとこないと思いますが、簡単に言うと大皿です。大皿と考えれば用途がたくさん見つかりそうですよね?特にこれはケーキ台として使うのがおすすめです。手作りケーキはもちろん、買ってきたケーキもより一層おいしく見えますよ。その他にも、クレープ、パンケーキ、キッシュなどもおすすめ。ゲストのおもてなしにもぴったりです。

Plate

ブランド1616 / arita japan / 1616アリタジャパン
デザインTeruhiro Yanagihara /柳原 照弘
Scholten & Baijings / ショルテン&バーイングス
材質磁器
生産made in JAPAN

画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。
製品のサイズや重量は表記と若干異なる場合がございます。
一つずつ全て丁寧に職人さんの手で作られています。そのため、表面の色や釉薬に濃淡の差が生じる場合がございますが、全て良品でございます。
・スクエアープレートは全て艶ありです。
・ディーププレートとプラッターはマットな質感です。
・電子レンジ/食洗機使用可